編集者: ノボトニー・ジェローム, OMI 修道会:聖母献身宣教会 (オブレート会) 2014年08月01日

社会のニュース

平均寿命:男性初の80歳に、女性はまた世界一の86歳
13年の日本男性の平均寿命は世界で4番目。終戦後の47年には50.06歳だったが、71年には70.17歳と初めて70歳台となった。11年は東日本大震災の影響でいったん下がったものの、12年は80歳まで0.06年に迫っていた。主要国・地域のうち、13年までの最新データで男性が80歳を超えているのは、香港(80.87歳)▽アイスランド(80.8歳)▽スイス(80.5歳)▽シンガポール(80.2歳)▽スウェーデン(80.09歳)−−。

義父精子不妊治療:根津院長…子どもへの告知は夫婦の問題
義父からの提供による体外受精では、受精卵の移植1回あたりの妊娠率が約38%で、匿名の第三者からの提供による非配偶者間人工授精(AID)の約5%(日本産科婦人科学会)より高いという。根津院長は「今までAIDのみに頼ってきたが、2〜3回実施して妊娠しなければ、非配偶者間体外受精という選択肢を示してもいいのでは」と話した。

余命2カ月の詩:私の笑顔忘れないで 8月16日朗読公演
光山さんは闘病の傍ら「生命(いのち)のうた」と題した詩を作った。手術で入院中、病床の光山さんに、見舞いの友人がほほ笑んでくれた。笑みを返すと心が和らいだ。人と笑い合うことや温かな心のふれあいが勇気をくれる。それを伝えたかった。柳川さんは「光山さんの姿を通じ、生きるために大切なことは何かを多くの人に伝えたい」と考えた。光山さんに「詩を作ってください」と依頼、できた作品を光山さんが朗読することが決まった。

ハンセン病作家:「いのちの初夜」北條民雄 本名を公表へ
北條の妹の孫、七條寛さん(31)=徳島市=は6、7年前に母から関係を知らされ、北條の存在を意識するようになった。「歴史に隠された存在だが、今はそんな時代ではない。命を削りながら時代を超えて読まれる作品を残したのだから、実名公表\をきっかけにもっと広く知ってほしい」と話している。

愛が冷めた時にどう対処するか―魅力が欠点に変わるとき
その後、2人は、自分たちの関係の中で互いに何を望んでいるか、なぜそれを求めているかを落ち着いて話し合った。デービスさんは、エドワーズ氏が時間と場所を割いて2人だけでいられるようにしてほしいと伝えた。エドワーズ氏は彼女に対し、彼女自身の友人たちともっと頻繁に付き合ってほしいと言った。「もちろん、常識の範囲内で」と付け加えた。

つわり、健康な赤ちゃんが生まれる兆候か=調査結果
出生異常の確率は、つわりのある妊婦の子供で30〜80%減少した。これらの子供について数年後に調査したところ、IQ(知能\指数)、言語、行動のテストでスコアが高かった。

《最期の医療は・特別編》 尊厳死に法なじまぬ 周防監督に聞く
妻とは「お互い無理な延命治療はしないで」という感じで話しています。リビングウィルのような書面はつくっていませんが。でも、妻には意識がなくても1日でも長く生きていてほしいという気持ちもある。終末期医療は決断しないといけない時に本人に聞けないから悩ましいですね。

《565》 介護を拒否するとき 認知症介護が楽になる本
認知症患者さんの多くは、ヘルパーさんが家の中に入ることを嫌がるのです。

他の見出し

読んでください

New! 延命は必ず必要なのか?

Novotny, Jerry (OMI) ノボトニー・ジェリー
延命は必ず必要なのか?答えは、はっきり言うと「ノー」である。「蘇生禁止」命令が認められる時代が来るかもしれない 。手術をやめて人工呼吸器を取り外す、あるいは治療の中止が医学的に適切とされる時代が来るかもしれない。

New! 「姿なき世代 」  若い性産業労働者

Novotny, Jerry (OMI) ノボトニー・ジェリー
昨年末に向けて、私にはタイで、いくつかのHIV /エイズ会議に参加する機会があった。会議は、多かれ少なかれ、私が予想していたとおりだった。 多くの講師の講話は解決策よりも多くの問題を残したのだ。しかし、旅行は完全な無駄でなかった。ある晩、HIV /エイズの子どもたちを助ける活動に打ち込んでいる親友のイタリア人宣教師は、 若者たちの現状とバンコクの性産業の見学に連れ出してくれた。そこで見たものは、 同じ問題に直面する多くのアジアの都市の象徴である。性産業は、 東南アジアの隅から隅まで驚くべき数の性産業従事者を生み出し、HIV/エイズの蔓延は憂慮すべき速度で進行している 。

New! 人口減少:絶滅の時代?

Novotny, Jerry (OMI) ノボトニー・ジェリー
10引く1が9であることを人々がなかなか理解できないのはなぜなのか? リンゴが10個あって1個捨てたら9個しか残らないだろう?世界中のどの国もこの単純な人口方程式に悩んでいる。 労働人口が最も急減している日本を例に取ってみよう。

我が家に及んだ危機的妊娠

Valko, Nancy ヴァルコ・ナンシー
「ママ、妊娠しちゃった」。未婚でまだ十代の娘にこんな言葉をもらされたら、それはどんな親にとっても心臓がとまりそうなくらい恐ろしい瞬間となるでしょう。そして献身的なプロ・ライフであればあるほど、その衝撃は呆然とさせられるような驚き、羞恥心そして罪悪感に圧倒されるのです。「あの子は人の話を聞いていなかったのかしら?」「まさか私の娘に限ってこんなことがおこるはずがないのに!」「いったいどこで失敗したのかしら?」というのがよく見受けられる最初の反応です

エイズを食いものにする人々よ、わが民を解放せよ

HIV/AIDS HIV/エイズ
米国大統領のHIV-AIDS救援緊急計画(PEPFAR)は、数か月間も、上院で暗礁にのりあげていた。先週、ようやく投票・可決の見通しが出てきた。この計画には500億ドルが投じられることになる。それは、エイズと闘うためにアメリカ国民一人当たり165ドル、ニューヨーク市民だけで13億ドルを払う計算になる。しかし、エイズのために割り当てられるこの支援金は、サハラ以南のアフリカで、エイズ・ウィルスの蔓延を止めることができるのだろうか。昨年、この地域のエイズによる死亡者数は、世界の同死亡者数の76%を占めている

こうのとりのゆりかご設立にあたって

Hasuda Taiji ハスダ タイジ
昭和44年、当院に赴任してきた頃、慈恵病院の隣に愛児園という子供の施設があり、 小さな子供達が沢山暮らしていました。その頃、島崎教会の司祭館の軒下に早朝、 産着に包まれたかわいい赤ちゃんが捨てられており、保護しました。

誰それって誰のこと?

Irving, Dianne アーヴィング・ダイアンヌ
IVF夫婦は「すでに」親であるのだから、彼らには「すでに」二人の子どもを危害から守る道徳的、法律的義務があるのである。つまり、彼らには、どんなに魅力的な方策に聞こえようとも、検査の結果子どもを廃棄したり、立派な兄弟姉妹を産ませるために何人かを中絶したり、いかなる理由にせよ破壊的な実験のために凍らせたり寄付したりするようなことがあってはならないのである。よい結果を期待して悪を働いてはならない。

もつれた生命のリボンを解く

Lejeune, Jerome ルジューヌ・ジェローム
彼らの発見により、受精後1週間の胚であっても、最新の技術をもってすれば、その胚が「男性なのか女性なのか」を識別することが可能になった。その結果、受精後1週間の胚が男か女かを突然知ることになった法律家が、その胚が同時にヒトでもあることを無視してしまうのではないかという懸念が生じている。