編集者: ノボトニー・ジェローム, OMI 2017年09月20日

社会のニュース

一人っ子政策がもたらした悲劇 妊娠後期の強制中絶
1991年、山東省聊城地区の冠県と莘県の両県は、ほぼ同時期、その年の出生率を下げるために「100日間出産ゼロ運動」を展開していた。推進したのは当時の冠県県委書記・曽昭起と、莘県県委書記・白志剛。両県ではこの年の5月1日から8月10日の間、妊婦の妊娠回数に関わらず、全ての出産を「違法」であると規定し、いかなる理由があろうとも出産を禁ずると発表した。この年の干支が羊だったことから、この政策はこの地の人々から「子羊殺し」と呼ばれるようになった。

世界同時多発飢餓を警告=南スーダンなど4カ国危険−WFP事務局次長語る
さらに戦闘で疲弊した地域に日照りなど異常気象が追い打ちをかける。特に「ソマリアの日照りはもう3年連続」と過酷だ。ただ、似たような状況のケニア北部やエチオピア南東部は「政府が機能して自分たちで対策を考え、WFPはそれを助けるだけで済んでいる」。紛争下にある国とない国。隣り合いながら対照的だ。

高齢者に迫る「大負担増時代」 じわり拡大、全体見えず
75歳以上が対象の後期高齢者医療制度の保険料も中程度の所得層で段階的に上がっている。この男性の所得なら月2千円以上の値上げに。医療費と合わせ、負担月額は計1万5千円以上増える計算だ。

高齢で活力衰える「フレイル」、国内250万人が該当か
研究チームの一人で、日本老年医学会理事長の楽木宏実・大阪大教授は今回の結果について「国や自治体の担当者がフレイル対策に取り組むための基礎データとして活用してほしい」と話す。フレイルの人が元気を取り戻すためには、肉類も含めてしっかり食べて日常的に運動をするほか、社会活動に積極的に参加することなどがすすめられている。

女性の健康、企業成長のカギ
最後に、男女が互いに違いをわかり合うためにはどうしたらよいと思うかとの問いに、岩下氏は、「まず、生物学的違いを正しく理解することが重要。」と答えた。出井氏も、「企業でなかなか理解が進まない場合、ダイバーシティの一環のキャリア形成プラン」として扱うことを提案した。また、「数字で測って、データで女性の数字が低いことをみせる(と取り組みやすくなる)」、と指摘し、女性に特別に目を向けているのではなく、全体の問題として捉えていることが重要との考えを示した。

「無痛分べん」から「性感染症」まで扱う異色の「コウノドリ」 作者が30代後半で漫画家を志した理由とは?
テーマは「自然出産と帝王切開」「立ち会い出産」「無痛分べん」といった一般的なテーマから、「切迫流産」「子宮外妊娠」「無脳症」などといった事例まで幅広い。「人工中絶」「性感染症」などの話題も扱う。

世界の9人に1人飢える=紛争などで増加−国連報告書
世界では5歳以下の子供1億5500万人が栄養失調で、その後の人生の健康や学力への影響が懸念される。うち約5200万人は衰弱し、身長にふさわしい体重を伴っていない。その一方で、世界には肥満児が4100万人もいて、増加傾向にあるという。

90歳以上、初の200万人超え 高齢者割合も過去最高
総人口に占める高齢者の割合は1950年以降増え続け、85年に10%、2005年に20%を超えた。国立社会保障・人口問題研究所の推計では、第2次ベビーブーム(1971〜74年生まれ)の世代が65歳以上になる2040年には、総人口の35・3%が高齢者となる見通しだ。

他の見出し

読んでください

New! 荒野で叫ぶ声

Novotny, Jerry (OMI) ノボトニー・ジェリー
詩人ワーサン・シャイアが自身の詩「ホーム」の一節を引用している。

追悼の意を込めて

Ebihara Hiromi エビハラ ヒロミ
相模原での悲惨な事件。

犯人に対する怒りとか、 被害者に対する悲しみとか、 障害者だって一生懸命生きてるんだとか、 いらない命なんてないとか、 なんやかんやいろんな声が上がっています。

私の被爆体験から

Sawada Shouji サワダ ショウジ
1945年8月6日、原爆が投下されたとき私は13歳でした。


その日私は病気で、爆心地から1400mの自分の家にいて、原爆が投下された瞬間、私は眠っていました。そのため、ピカッと光った閃光も、ドンという衝撃音も知りません。原爆の破壊はそれほど瞬間的なものでした。

中絶に直面する女性と医師:良心形成と道徳的選択における正しい科学の役割

Irving, Dianne アーヴィング・ダイアンヌ
中絶問題に直面する女性、医師、その他大勢の人たちに関わる、もっとも緊急でありながら無視され続けているジレンマは、ヒト受精卵に関する正しい基礎的科学知識へのアクセス、観察に基づいて、普通、人間は受精の瞬間に単細胞の受精卵として存在し始めることを証明する情報に不足しているということです。このような正しい情報がなければ、わたしたちには中絶、ヒト受精卵研究、ヒト受精卵幹細胞研究、クローニング、異種間キメラ、遺伝子配列変更の研究・治療、その他関連する医学・科学的問題に関して、良心を正しく形成し、倫理的に正しい決定をすることができなくなります。神の啓示ほどではないとしても、正しい科学に基づくことがこの種の問題について考察する際には出発点になります。

ダイアン・ブラッドさんの訴訟

Watt, Helen ワット・ヘレン
死人や意識不明の人から精子を取り出すという前承諾が与えられていてもそうでなくても、いずれにせよ、子どもの誕生のために遺伝の材料の源として死人や意識不明の人を利用することは間違っています。

緩和ケア「楽に死なせて」

Shea, John B. シー・ジョン
緩和ケアとは死が間近に迫った人に提供される介護である。「苦痛緩和」には死に行く人の苦しみを軽減するという意味がある。そのやり方について、現在活発な議論が行われている「死に行く人」という言葉は、正しく解釈するならば、最大48時間以内に死亡すると合理的に予想できる人に当てはまる。ただし、「差し迫った」という単語の意味についても活発な議論が行われている。こうした議論に拍車をかけているのが、『生命の質』、ある種の生活に「生きる価値があるかどうか」、並びに「生きる価値がない」と思われる生命を維持することの「費用対効果」に対するさまざまな判断である。

所在不明高齢者を生む個人主義社会

Itonaga, Shinnichi イトナガ・シンイチ
このところ、所在不明高齢者の問題がにわかにクローズアップされてきた。調査が進むにつれ、 ますます深刻な事態になっている。これは、直接的には家族や役所の問題であるが、なぜこんな問題が起こったのか、 そもそもの原因を追求することも重要である。

安楽死が家族に与える影響

Pollard, Brian ポウラド・ブライン
家族は生命が始まり、生命を養育する伝統的な場所です。安楽死はまさに全ての人の正当な権利を弱める社会的な計画の付加物です。全体的に、これらの計画は私達の住んでいる社会的で、道徳的な環境を変化するための強力な試みということになり、弱者を犠牲にして強者の手中に権力を握らせるためのものです。