編集者: ノボトニー・ジェローム, OMI 修道会:聖母献身宣教会 (オブレート会) 2014年08月29日

社会のニュース

韓国の出生率、史上最低値…堕胎が問題
さらに衝撃的なのは2011年に生まれた新生児数は約47万人、人工妊娠中絶で生まれることが出来なかった赤ん坊の数は約16万9000人に達し、全体新生児数の36%に達することが調査結果で判明した。

梅宮アンナ ブログで“中絶危機”告白に愛娘の意外な反応
―\―\百々果ちゃんを妊娠した時に、パパや会社の人に諦めるように言われたと、ブログに書いて騒がれてますね。**「あの時、私は事務所の稼ぎ頭だったから、『アンナがいなくなったら困る』って言われて。ママはママで、『あんた、どうするの!? 会社の人たちに迷惑かかるでしょ。子供1人を立派に育てるのは、あんたが考えるほど簡単なことじゃないのよ!』って。パパもママと一緒。でもね、まだ結婚もしていなかったし、パパもママも間違ったことは言ってなかったんだよね。娘には、そういうことも私の気持ちも、全部包み隠さず話しました。そのとき、娘から出てきた言葉が『ママ、大変ななかで私を産んでくれてありがとう』だったの」

同性愛者が最も住みやすい国はオランダ、最下位はアフリカ
一方、同性愛が依然タブーとみなされているアフリカでは、セネガル、ウガンダ、マリ、エジプトの回答者中、自国が同性愛者に好意的だと思うと回答したのは全体のわずか1─2%にとどまった。ただ、アフリカ大陸で唯一同性婚が認められている南アフリカだけは例外で、回答者の半数近くが自国は同性愛者に好意的だと回答した。

自閉症の子に優しさ注ぐ 映画「そばにいるよ!」
次男は小学二年の時、雨を見て「木が喜んでいる」と初めて言葉を発した。今はその一言一言に感動する毎日だ。市内の小中学校で自閉症を啓発する教室も開く。「自閉症の子は周りの子よりも少し、感じ方が違うだけ。映画を見て少しでも社会の理解が進めば」

里親制度 受け入れ家庭広げたい
里親会など当事者同士による交流も欠かせない。働く里親なら子どもとの関係を築くための育児休業もほしい。苦労をしてでも他人の子を育てたいと思えるのは、子どもの成長に触れられるからだ。その熱意や意欲を支えたい。

【正論】多死社会で患者と家族を支える ケアタウン小平クリニック院長・山崎章郎
在宅緩和ケア専門診療所の要件としては、例えば、24時間対応は言うまでもなく、少なくとも、在宅療養を希望する患者の年間在宅看取り率は50%以上かつ年間在宅看取り数もがん、非がん合わせて30〜40人以上(地域差は考慮されるべき)は必要と思われる。その程度の看取り率と看取り数がなければ、地域社会に貢献し研修機能\も併せ持つ専門診療所とは言いがたい、と考えるからである。

子供1400人を性的虐待 英中部、移民社会に衝撃
報告によると、被害者の多くは、さまざまな理由で家族と離れ、施設に入れられた白人の子供。虐待者は贈り物や酒、麻薬を与えて子供に近づいたという。

韓国の出産、最低水準に 昨年生まれの子、1割減
女性の大学進学率は昨年約75%で男性より高く、ソ\ウル市の調査では4割弱の女性が結婚しなくてもいいと考えている。

他の見出し

読んでください

目に見えないトレンド:状況が生命の質を決める

Novotny, Jerry (OMI) ノボトニー・ジェリー
死の文化となれば、法律は手段を選ばないだろう。法律では、胎児、末期患者、 高齢者などが使い捨ての物体として扱われている。そんな法律の下では、状況によって生命の質、 生きて愛情あるケアを受ける価値のある人、あるいはその価値がない人が決められる。最近では、ケーシー・ ケイスンの問題に関わる騒乱と混乱がある。裁判所は食事と水を与え、終末期のケアを行うことと「生命維持」 との違いについて国民に間違った考えを信じ込ませている。これでも控えめに言っているのだから、恐ろしいことである。

「貧しい人たちの必要を優先させよう」教皇、日曜の集い

Vatican Radio broadcasts バチカン放送局
教皇フランシスコは、バチカンで3日、日曜正午の祈りの集いを持たれた。

延命は必ず必要なのか?

Novotny, Jerry (OMI) ノボトニー・ジェリー
延命は必ず必要なのか?答えは、はっきり言うと「ノー」である。「蘇生禁止」命令が認められる時代が来るかもしれない 。手術をやめて人工呼吸器を取り外す、あるいは治療の中止が医学的に適切とされる時代が来るかもしれない。

「いのちのための前晩の祈り(2010年11月27日)」開催に向けて

Documents, Official ドキュメント, 公文書
教皇ベネディクト十六世は、今年11月27日、サンピエトロ大聖堂で、待降節第一主日前晩の祈りにおいて、「すべてのいのち(とくに出生前のいのち)のための前晩の祈り」をささげ、合わせて聖体礼拝を行います。この祈りの中で教皇は、主イエス・キリストが人となられ、完全にご自身をささげることによって、すべての人のいのちの価値と尊厳を示してくださったことを感謝し、また、すべての人のいのちを守ってくださるよう主に願い求めます。教皇は、同じ日に、世界中のカトリック教会――教区、小教区、修道会、キリスト信者の会、運動団体――が、教皇とともに同じような祈りをささげることを求められました。そこで、今年の待降節第一主日の前晩は、特別に、日本の教会としても「いのちのための前晩の祈り」をささげることに致します。

ヒト胚を使用し破壊するクロ−ニングは倫理的に認められない

Documents, Official ドキュメント, 公文書
法王は、ヒトのクロ−ニングの技術は、「ヒト胚の操作や破壊を伴う限り、たとえその意図する目的それ自体が良い場合でも倫理的に認められるものではない。」と述べられました。そして、「大人から採取した幹細胞を使用する」他の治療的介入の形態を提案されました。

地球への警告:世界的人口危機迫る

Bel, Rene ベル・レネ
この50年間、我々は世界を滅ぼす恐れがあると言われている人口危機に関する警告を浴びせられ続けてきた。これらはすべて人口の激増、つまり世界が人口過剰になるという主張や信念に基づいて行われてきたことである。本当の危機は人口統計学的内破を引き起こす恐れがある。

本当の平穏を探して

Reardon, David リアドン・デビッド
私は自分のしたことが良かったとは思っていません。中絶することを選んだのは罪です。けれど、神が私の経験を使って、他の女の子達が同じ過ちを犯さないようにし、神の愛を示すことが出来ると信じているのです。

遺棄される老人たち

Honda, Jirou ホンダ・ジロウ
高齢者の不在問題が急速に楓ハ化している。恐ろしい話である。 いったいその高齢者たちはどこへ消えてしまったのだろうか?特に実子など、一親等の身内がいることが明らかにもかかわらず、生死の確認もできないというのは尋常ではない。