編集者: ノボトニー・ジェローム, OMI 修道会:聖母献身宣教会 (オブレート会) 2014年11月21日

社会のニュース

「神に対する罪」のバチカンを批判 米尊厳死女性の母親が反論
メイナードさんは今年1月、脳腫瘍と診断され、4月には余命半年と宣告された。当時暮らしていたカリフォルニア州から、死を選ぶ末期患者への医師による薬剤の処方が認められているオレゴン州に転居。10月に入ると発作が頻発するようになり、「夫の名前も言えない痛み」にたびたび悩まされていた。彼女の死をきっかけに、尊厳死の是非に関する議論が米国内外で活発化している。

国連、エイズ対策で新目標 20年に新規感染者7割超減
目標では、20年までに感染者の90%が自分の感染を知り、その90%が治療を受け、さらにその90%が適切な治療によってウイルスを抑えられるようにする。30年にはそれぞれの割合を90%から95%に引き上げる。

「家庭生活楽しい」ほど「将来結婚したい」 滋賀県の子供意識調査で判明
これらの回答を組み合わせて分析したところ、家庭生活を「楽しい」とした子の57・0%が「将来結婚したい」と答えたのに対し、「楽しくない」とした子で将来結婚を希望したのは46・0%。現在の家庭生活が「楽しい」と思っている子の方が、将来結婚したいと考えていることが判明した。

母からHIV感染の子供、早期治療でも完治は困難
専門家は「治療で症状は抑えられても、完治は困難だとはっきりした」として、感染予\防と、完治を目指す研究が重要だと指摘している。

中絶、過去60年で最少 「セックスレス傾向が関与」
中絶の減少には複数の要因が関係しているとみられる。日本人の性行動や避妊の動向を研究する日本家族計画協会の北村邦夫理事長(産婦人科医)は「近年の減少に、国内の成人男女で進むセックスレス傾向が関与していることは間違いないだろう」と話す。

60代の女性で295例目の脳死移植
心臓は東大病院で50代女性、肝臓は大阪大病院で20代男性、膵臓(すいぞう)と片方の腎臓は九州大病院で50代男性、もう片方の腎臓は東京女子医大病院で50代男性に移植。肺と小腸は医学的理由で断念した。

山口)ハグとユーモア採り入れた医療、実践を本に
「好きなすしネタはイカ」「テレビで水戸黄門を喜んで見ている」。カルテには治療内容と一緒にこんな言葉が並ぶ。中国四国厚生局の個別指導で「こんなの医者のカルテじゃない」と指摘された際には、「患者に寄り添うためには重要な情報だ。記録して何が悪い」と言い返したという。

豪州 2013年に男性が産んだ子供の数は54人
オーストラリア政府は2013年7月に性別判定法の改正版を採択した。新法規で登録時の性別変更を認める。これにより、女性患者を対象とする清算は男性にも適用する。他の統計データによると、オーストラリアで2013年に妊娠中絶または子宮掻爬を受けた男性は44人だった。

他の見出し

読んでください

New! 子育ての意義を考えるチャンス

Itonaga, Shinnichi イトナガ・シンイチ
「子ども手当」や「高校授業料無償化」がいよいよ現実化しそうである。この際、 この画期的な企てが何を意味するかを考える機会にしなければならないと思う。なぜなら、現代の家庭は、 社会と文化の急激な変化のあおりを受けて危機に直面しているからである。

いま、チェンジする人々

Editorial オピニオン
チェンジがポジティブに受け取られるようになってあまり時間が経っていない。 チェンジという言葉を選挙戦でキャッチフレーズとして愛用したオバマ米大統領の登場でチェンジも市民権を獲得した、 と受け取ることができるかもしれない。

第3回 日曜論壇 ウォーキング・サピエンス

Genyu Sokyu ゲンユウ ソウキュウ
最近はウォーキングがブームと云っていいだろう。歩くことが目的で歩いている人をよく見かける。

生命倫理とは?

Shea, John B. シー・ジョン
倫理とは、善悪とは何か、そして道徳的義務と責任を扱う学問である。しかしながら、今「生命倫理」と呼ばれている学問が、従来の医療倫理およびカトリックの医療倫理とは全く異なるものであることを認識することが極めて重要である。2400年前にギリシャ人ヒポクラテスが創始した従来の医療倫理は、患者個人の生命と幸福を神聖なものとして、個々の患者に対する医師の義務を説いたものである。

クローニング:インタビュー

Moraczewski, A. モラクチェフスキー・アルバート
近い将来、人間のクローンができる現実的な見込みはありますか。クローニングとは何ですか。

ビリングス・メソッド教本
本:(14ページ)

Billings, John ビリングス・ジョン
ビリングズ排卵法を利用するにあたって、腔口で観察したことを毎日記録することは重要なことです。一日の観察の中で気づいたもっとも受胎可能\な特徴をその日の晩に記録します。今から始める最初の記録は、通常、2〜3週間継続します。その間、性交や性接触で生じる分泌物が観察を狂わせることがないように、性器同士の接触は一切避けてください。作成された記録図は夫にも情報を提供し、夫婦のコミニケーションや子どもをどうするのかについて決める機会も与えます。観察を紛らわしくするので、膣内部を調べてはいけません。記録には、色別のスタンプ(シール)かシンボル・マークを使い、各スタンプの下に、膣口の感触や粘液の性質について、一言二言書き込んでください。不安な女性に対しては、「どのようにして、あなたは生理が始まるのがわかりますか?」と質問してあげると、助けに なるでしよう。彼女は、月経が膣口に達するときを感じ、目にすることで把握しているはずです。

アフリカにおけるエイズ

Vittitow, Jim ヴィティトウ ・ジム
アフリカにおけるエイズ流行は、感染者との性行為による危険にとどまらず、輸血用血液の汚染という事態も招いている。しかも免疫力が低下していると他の感染症を培養しやすいという、おまけまでつきまとう。こうした理由から結核がアフリカで再流行している。さらに状況を深刻化させる要因として、アフリカの医師達にHIVやエイズを正しく見極める医療知識や技術が十分に備わっていない。エイズに似た症状の患者をエイズと診断し、実際は治療可能な病気だった例が、しばしばある。治療優先順のきまりから、治療可能な患者用の薬を保管する、ごくわずかのスペースしかなく、エイズと誤診された患者は治療を拒まれてしまう。この流行病に対する、あまりに生ぬるい国際社会の対応に、エイズが集団殺戮の元凶だと嘆くアフリカの国家指導者も少なくない。

≪ 感情(1)〜(3)≫

Shimazaki, Hiroki シマザキ・ヒロキ
今回は、感情について考えていきたいと思います。人間は、誰しも感情をもっています。 あまり感情を表に出さない人がいますが、そのような人を見ると何か不気味で、能面のような顔に見えます。感情とは、 神からわたしたちに与えられた賜物の一つです。ある人は、「感情は良くない」と思っているかもしれません。もし、 感情が良くないものとするならば、なぜ、神はわたしたちに与えたのでしょうか?神は、すべての被造物を造られたときに 、「良し」と言っています。神が「良し」と言われたということは、そのものは完全であり、善であるということです。 人間の場合、その後に罪が入り込んでしまい、完全な善の存在とはいえなくなりましたが、その罪を通して、 わたしたち人間が、成長する一つのきっかけにもなります。