編集者: ノボトニー・ジェローム, OMI 2017年11月24日

社会のニュース

身体拘束 医療・福祉の現場の実情は?
▽本人や周囲の人が危険にさらされる「切迫性」▽ほかに手段がない「非代替性」▽必要とされる最も短い時間である「一時性」――の3要件を満たせば、身体拘束は行えます。

不育症(1)胎児水腫、妊娠4カ月で死産
「赤ちゃんの首の後ろにむくみが見られます。様子をみましょう」。超音波の画像をみた医師に告げられた。「そういうこともあるのかな。でも大丈夫だろう」。その時は深く考えていなかった。

【まとめて読む】43時間の命、家族で過ごした意味
別室へと運ばれ、蘇生措置を受けた。心拍と自発呼吸が確認できたのは、それぞれ30分後、45分後だった。「脳に酸素が行き届いていない時間が長く、どれだけ生きられるか分からない」。医院に駆けつけた、神奈川県立こども医療センターの新生児科の医師から、そう伝えられた。

インドの大気汚染、1日50本喫煙に匹敵? 年々深刻に
対策をめぐって、混乱も起きている。当局は一時、乗用車の通行規制の実施を発表。この際、女性の運転する乗用車は対象外とする予定だった。車の代わりに女性がバスなどの公共交通機関を使えば、犯罪に巻き込まれる危険性があるからだ。しかし、国家環境裁判所が「例外は認めない」との判断を下した。このため、女性の安全を重く見て、通行規制そのものが中止に追い込まれた。

<高齢者の救命>本人望めば蘇生中止 消防庁委託研究班提言
また、医師の到着が心肺停止の数時間から半日後であっても「到着まで蘇生は行わず、救急車も呼ばずに待つように」などの指示が事前に医師から施設に出ている場合は指示に従ってもいいと提言。指示の効力は「心肺停止前の2、3日以内」との考えを示した。

特別養子縁組、年齢引き上げ…10代後半も検討
親が養育できず、保護を要する子どもは4万6000人に上る。先進国では里親が主流だが、日本は大半の子どもたちが児童養護施設や乳児院など施設で暮らしている。

【貧困女子】母親から請求された養育費2376万円、不倫、中絶……借金からの綱渡り人生〜その1〜
母親の子供へ対する執着のような愛は、時にエゴと化してしまう……。上京時、妻と離婚して愛子さんと一緒に住むと言った既婚者の彼はどうなったのか…

若年層自殺「切実で深刻」=「死」語れる場で蘭hを−相談員ら指摘・座間事件
事件以降、センターへの電話件数は増え、中には「自分も殺されたかった」といった内容もあった。同じく相談員の中山町子さん(67)は、ツイッターなどで「自殺防止」の情報発信を増やすことを提案する。「死にたい人にとって、いろんな居場所が示されることが救いになる。安全な相談相手にたどり着くよう選択肢を増やすべきだ」。

他の見出し

読んでください

New! お産を語るオッサンの会

Ikeda Masaaki イケダ マサアキ
自称、「お産を語るオッサン」である。「お産を語るオッサンの会」を主宰する者である。 お産をとおして劇的に人生が変わった自身の半生と反省を赤裸裸に語る。話はそれだけだが、けっこう人気イベントである 。自分が経営する吉祥寺の飲食店(タイヒバン)で常連客を相手にするだけでなく、あちこちからお呼びもかかる。 名古屋や福岡に出向いたこともある。助産院の先生や針灸師さんなど、 自然出産に携わる人たちに関心をもたれることが多い。また、ときに女子大で生命倫理の講師を依頼されることがあるが、 最近は授業の中身がそっくりお産を語るオッサンの会になる。

New! 「潅仏会と不老不死」死ぬことの苦しみ

Tanaka Masahiro タナカ マサヒロ
「甘露」はサンスクリットで「アムリタ」と言い「不死」を意味する。お釈迦さまは「不死」を覚られて「老病死」の問題を解決された。それで誕生会には、潅頂の香水に代えて「不死」を意味する「甘露」の甘茶をかけるのだ。これは江戸時代から始まった日本独自の風習だが、そこにお釈迦様の教えを観じることができる。

日本人の誇りを取り戻そう!(終戦66年に想う)

Okinaka,Ichirou オキナカ イチロウ
第二次世界大戦開戦から今年で70年、終戦から66年。終戦後の東京裁判で、「日本が絶対的に悪い」とされたが、 その事実関係を説く本が多く出版されている。新田次郎の息子の藤原正彦氏の「日本人の誇り」、 元アサヒビール会長の中條高徳氏の「日本人の気概」、他にも京大教授中西輝政氏、 上智大教授渡部昇一氏など名だたる論客の著書・記事を見ると、終戦後のアメリカの占領政策は「 日本が二度とアメリカに刃向わないようにする」ことで、「修身・歴史・地理」を教育課程から外し、 徹底的に武士道はじめ日本が育んできた文化を締め出したとある(罪意識扶植計画ウォー・ギルト・インフォメーション・ プログラム=戦争についての罪意識を日本人に植え付ける宣伝計画)。

妊娠中絶とクローニング:新しいはぐらかし

Finnis, John フィニス・ジョン
私はこれから、今までいろいろな主要な場で話されてきた公演を振り返ってみようと思います。つまり、母親の希望でおなかの中の子どもが殺されることをよしとする確立された政策のもっともらしい説明や、未確立ではあるけれども新しく出てきた政策で、体の一部を他人に提供するためだけに生まれてこさせられた子どもたちの現状についてです。これから私が振り返る公演や議論のほとんどは、選択や行動を覆い隠そうとするはぐらかしに他ならないのです。これが私の話の題目です。

自然な家族計画

Omlin, Cindy オムリン・シンディー
ロー対ウェード判決から二十五年経過しました。そして今、生命を囲む環境は最悪です。あの時点以来、米国では三千七百万人の赤ちゃんが合法的中絶手術で抹殺されています。幼児殺害と安楽死は社会から容認されつつあるようです。一九七三年のあの判決はこのような人間の生命軽視のきっかけになったのでしょうか?社会のこの崩壊ぶりの原因はさらに遡って、避妊を多くの人が容認していることにあると考える人たちも多いのです。

「憎しみは自らを亡ぼす病だ」

Editorial オピニオン
アンマン取材目的の一つに日本語でも出版されている「それでも、私は憎まない」の著者、パレスチナ人医師、 現トロント大学准教授のイゼルディン・アブエライシュ氏とインタビューすることにあった。

エイズと“技術的解決策”

Hanley. Matthew ハンリー,マシュー
HIV予防のために圧倒的に多く採用されているアプローチの致命的な欠陥は、疫病制御の健全な、合理的な原則に適切に従うことよりも、貧弱な哲学を優先させたことです。このように優先順位をあべこべにしたことの結果は、アフリカの何百万もの人々にとって、厳しい現実となって現れています。アフリカでAIDSを減らすことに失敗していることは、「公衆衛生史上最悪の落ち度の一つ」(11)となっています。AIDSコントロールのほとんどのアプローチに痛ましいほどに欠如しているのは、まさに、単なる「リスク」あるいは「害の軽減」を超えた、すべての人が求めることのできる倫理的な基準なのです。

『フマネ・ヴィテ』

Smith, Janet スミス・ジャネット
聖座と平和の中に一致している尊敬する教父、大司教、司教様方、すべての地方教会の教区長の皆さん、司祭と信徒の皆さん、及びすべての善意の人々、尊敬する兄弟と子供である皆さんにご挨拶と祝福を送ります。