日本 プロライフ ムーブメント

《生きることの意味》を問い直す

Fujiwara Akira (フジワラ アキラ)藤原 昭藤原神父の部屋「生と死の医療現場で考えさせられたこと その4」2010年3月9日掲載許可を得て複製  ある二人部屋の病室を訪問したときの話です。一人は、80歳代の女性で、もう一人は60歳代後半の婦人でした。 両者を仕切っているカーテンは開かれており、後者の女性はベットの上に正座して考え事をしているようでした。 私がお見舞いに伺ったと言って病室に入ると、彼女の方から話しかけてきました。 

Continue reading

私の病気体験から

Fujiwara Akira (フジワラ アキラ) 藤原 昭 藤原神父の部屋 生と死の医療現場で考えさせられたこと 2009年11月26日 2009年12月22日 2010年2月9日 許可を得て複製  今から15年前、釜ケ崎で病気に倒れ、大阪の公立病院で入院したときの出来事です。 病気のいろいろな症状で苦しんでいました。ある夜、9時頃だったと思います。 寝る前の検温のため若い看護師が私のところに来ました。そのとき、 私がある意味で耐えられないような表情をしていたのだと思います。その看護師は、そんな私を見て、「 私はクリスチャンではありませんが、聖書は読むのです。聖書の言葉に励まされますよね。‘ あなたがたを耐えられない試練に遭わせられることはない(1コリント10-13)’という言葉、あれ、私、 あの言葉が大好きです。」と言うのです。何か、そのとき、「神父であれば、 そのような言葉に支えられるはずではないのですか」と遠回しに説教を受けているように感じました。しかし、 その言葉を投げかけられても心に入ってこないのです。言葉が返せないのです。かえって心が重くなるのです。 

Continue reading