こころと魂の健康(4)自己対話 

Watanabe Toshihiko (ワタナベ トシヒコ )
渡辺俊彦
出典 Christian Today
2014年10月9日
許可を得て複製

私は、子どもの頃よく三面鏡の前に座り自分の姿を映して遊んだものです。 三面鏡の前に立つと三方向から別々の自分の姿が映し出されるからです。それが楽しかったのです。

人間関係は鏡だという言葉があります。自分の姿が相手の姿の中に鏡のように映しだされるからでしょう。 相手の人格という鏡にどのような自分が映しだされているのでしょうか。

それは、三つの自己像が映しだされています。その第一は「自分がこうありたいと願っている像」。第二は「 他人が私について抱いている像」。第三は「他人からよく思われたい像」。このような三つの像は、 自分を理解するために大切なことです。具体的に、「自分は誰であるのか」「なぜ現在のように行動するのか」「なぜ、 そのように考え、感じるのか」などについて洞察するヒントを与えてくれるからです。これらは、 過去何を受け学習してきたかに関係しています。「過去は自分たちの人生の一部である」という言葉の深さです。

私たちは、自分の過去を意識せずに生活しています。しかし、過去に支配され過去を引きずって生きているのです。 私たちの過去の基礎は、家族の歴史、伝統です。ここに私のルーツを解く鍵があります。 このルーツを知ることがなければ自分自身を知ることが不可能になってしまいます。この考え方は、 家族の問題を取り扱う方法としても大切な理解です。

私は時々、幼稚園のお母さんたちに聖書等の講演会でお話をする機会があります。不思議なことですが、 講演会が終わり講師室に行くと何人かのお母さん方が来られます。そして、いくつかの質問を個人的に受けます。その中に 「私は親との関係で自分が子どもの頃、いやな思いをしたことについて、 自分の子どもには絶対こんなことをしないようにしようと思い、自分に言い聞かせてきました。しかし、現実は違いました 。自分があれほど嫌がっていたことと同じことを自分の子どもに対してしてしまいます。 そんな自分が嫌で嫌でたまらないのです。その自分から解放されたい」と訴えられる方が少なくないのです。

これは、「人間は学習したようにしか行動できない」という思いであり行動です。この問題を取り扱うために、 過去を切り放し、軽く扱うことはできません。それは、過去と深い関係があるからです。 自分の育った家庭で経験したことを、今の生活の中で繰り返しているのです。愕然とする現実です。 今の私は過去の家族と繋がっているのです。そして、今の家族は過去の家族とも繋がっているのです。

だからこそ、私たちは過去から引きずっている未解決な問題や葛藤に取り組むことが必要になってきます。そして、 連鎖を止めなければなりません。そうしないと、内容によってはもっと状況は悪くなってしまいます。 自分が拒否し否定した家庭の生き方が、自分の生き方の一部になってしまっていることに気付くことです。

日本の一般社会のキリスト者に対するイメージは、人格的にバランスのとれた愛に溢れた人物です。しかし、 現実はキリスト者でない方々の方が人格的にバランスのとれた方が多いのです。それは、 信仰や霊性の問題ではなく過去と深い関係があります。

牧会と牧会カウンセリングで取り扱う領域の違いはそこにあります。人格的問題と霊性は互いに影響し合います。 両方からのアプローチが必要なのです。私たちは、どんな自己像を持っているでしょうか。 自分の中にある自己像を検討してみてはいかがでしょうか。

この記事の上へ