15の研究は妊娠中絶と薬物乱用の関連

Reardon, David (リアドン・デビッド)
『中絶後遺症概説』
8巻、No.1、2000年1月-3月
エリオット研究所
翻訳 大岡 滋子
許可を得て複製
英語原文より翻訳: www.lifeissues.net


麻薬とアルコールの乱用に関するアメリカジャーナル最新号で発表された研究によると、中絶する女性は、中絶の限界ギリギリまで行く女性に比べ、その後に続く薬物乱用はおそらく5倍多い。

この研究は、エリオット研究所長デビッド・リアドン博士とフィリップ・ネイ博士(中絶後遺症のカウンセリングを専門に扱うブリティッシュコロンビアの精神科医)によって著わされました。 これは、中絶がその後の麻薬とアルコール乱用に関係すると少なくとも15回出版された研究です。

私たちは、24歳から44歳までの700人の女性を無作為に選んで、産婦人科系の病歴調査からこの最新研究を作成しました。 「たとえ、私たちが相対的リスクのために最も低い統計的な範囲を仮定したとしても、1年あたり中絶関連の薬物乱用の新しいケースが15万から50万まであると私たちの結果は示すだろう」と、リアドンは言いました。

妊娠したいと望んだ時、薬物乱用している場合、新生児死亡と奇形の主な原因となるというこれらの調査結果が、特に妊婦を不安にさせているとネイは特筆しています。

「前の中絶に関係する未解決の深い悲しみかトラウマのある女性は、次の妊娠中、心配、恐怖、および憂うつをより感じそうであるのがわかりました。」と、ネイは言いました。 「処方箋で精神安定剤を法的に得ることができないなら、これらの多くの女性たちは、過去の中絶についての求められていない気持ちを我慢する手段としてアルコールか違法薬物に頼ります。」

中絶経験のある妊娠中の女性の中で、ドラッグとアルコール中毒のより高い割合を文書で証明した数冊の出版された研究が、女性を治療するネイの臨床経験を真実であると立証しています。 しかしながら、薬物乱用は、ただ中絶に関するいくつかの自己破壊的な傾向の1つであるように見えます。

フィンランドの死亡証明書と政府カルテの最近の主な研究は、出産した女性と中絶した女性を比較すると、中絶した女性の方が、自殺死の危険性が6倍高いことを示しました。 また、研究者は、事故と殺人で死ぬ危険性がそれぞれ4倍と12倍であることがわかりました。

中絶経験のある女性の中で、不慮の死または殺人死が増加するのは、十中八九、自己破壊的であるか自滅的な傾向を隠すためのリスクを取る当然の行動のためです。中絶が自己破壊的な行動を引き起こしているかどうか、または単に以前に既存の自己破壊的な傾向を悪化させているかどうかは、まだ不明瞭ですが、研究者は、これらの要素の両方がかかわっていると信じています。

「明らかに、危険覚悟の傾向をもっている女性は、妊娠して、おそらく中絶をより選びそうによりなりそうです。」と、リアドンは言いました。 「そのような場合、中絶はそれらの問題の根本にある原因でないかもしれませんが、それらの心理的な悪化の一因となるかもしれません。他方では、また、したがって、以前に自己破壊的でなかった何人かの女性がショッキングな中絶経験の直接の結果としてそうなったのも、明らかです。 しかしながら、私たちには、現在、何人の女性がそれぞれのこれらの2つのカテゴリに入るかを知る方法が全くありません。」

多くの中絶支持者が中絶と薬物乱用の因果関係について反論する一方で、ネイは、首尾よく治療する事の出来た中絶トラウマの経験を通して、この関連性が統計上のまぐれ当たりよりはるかに多いことを証明すると強く主張しています。

「中絶トラウマのためのカウンセリングを終えてしまった後にも、自己破壊的な振る舞いをずっとしてきたこれらの傾向を克服するのに上達しただけの女性を治療しました。」と、ネイは言いました。 「多くの他のセラピストにも、同じ経験がありました。一貫して良い結果を得るためには、正しい診断をし、正しい処置を行うことにかかっているのです。」

この記事の上へ