神の母、聖母マリアの典礼
世界平和の日

Pueyo, Antonio P. (ピュエヨ・アントニオ・P)
2006年1月1日
許可を得て複製

このお正月を聖書にかかれている伝統的な祝福から始めマしょう(最初に読んで):

主があなたを祝福し、あなたを守られるように。
主が御顔を向けてあなたを照らし
あなたに恵みを与えられるように。
主が御顔をあなたに向けて
あなたに平安を賜るように。
(民数記.6: 24-26 新共同訳))

これは私たちが今日出会う人々に送ることのできる美しい祝福です。この祝福は、「主が、あなたを祝福し、守って下さいますように。近くにいる時も、遠い時も」という歌にある人気のある表現を見つけ出します。私たちがこの正月に家族と友人に再会するとき、この祝福は、もっと重要となります。私たちは彼ら、彼女らのためにこの美しい祈りを捧げます。 この祝福の重要な要素は平和です。

1年の初めは『世界平和デー』と教会カレンダーに記されています。 平和に対するヘブライ語はシャロームです。 聖書では、シャロームという平和は、ただ単に紛争のないことを意味するのではありません。それは家族、友人、および隣人との関係において、生命、健康、調和に神の豊かな祝福のあることです。 一般的に繁栄、正義、健康です。 私たちが人にシャロームであることを願う時、私たちは本当に、「あなたが神様の豊かな祝福を楽しみますように」と、祈っています。

お互いにただ平和のあいさつをするよりもっと重要なことは、私たちが平和を運ぶ人になることです。私たちの本人自ら、私たち自身の人生で、私たちは神の平和を運びます。 私たちが今日、『神の母』と崇める祝福された聖母自身は平和を運ぶ人として私たちのモデルです。 身体的見地からすれば、9ケ月間、彼女は自らの子宮に『平和の君』を宿し運びました。(イザヤ書 9:5). 彼女自身の地上での生活で最も決定的な瞬間でさえ、聖母は平和に振舞いました。 「マリアはこれら出来事をすべて心に納めて、思い巡らしていた。」 (ルカ福音書 2:19, 51)。 マリア自身の平和に満ちた振舞いは、神への彼女の深い信頼から来ています。復活祭後に使徒が集まった時、彼らの中央にマリアがいたのは、驚きではありません。 教会の歴史の中で、特に問題の時代に彼女のとりなしと助けが求められたのは、驚きではありません。 教会(c.200A.D)の最も初期の祈りの1つは、Sub tuum Praesidium、「私たちはあなたの保護のもとへ飛んで行きます、神の聖母」と呼ばれる祈りでした。

法王・ヨハネ・パウロ二世が言われたように「心の平和は平和の心にある」なら、私たちは私たちの母、マリアの平和な心を必要とします。私は次の場面を思い描くことができます: 家族問題が発生した時、両親は、互いにまたは子どもに叫ぶよりむしろ、座ってそれについて話します。 人は個人的な苦労をするとき、マリアのように、人は心で物事を熟考します。本能的にか、当然与えられるべき文化的な条件づけのためか、人は暴力を伴うストレスの多い状況に反応すると、彼は、衝動的に行動するのを避けて、代わりに、まず最初に、物事を熟考します。

マリアは単に自分自身の心の平和に満足しませんでした。 マリアは神の平和を他のものにもたらすための努力をしました。 彼女はいとこエリザベスを手伝いました。 彼女はカナの婚宴で世話人の問題をイエスに知らせました。 彼女は十字架のもとにたたずみました。 彼女は初期の使徒の母親になりました。 彼女は教会の母です。 彼女は神の母です。

この記事の上へ