人口減少:絶滅の時代?

Novotny, Jerry (OMI) (ノボトニー・ジェリー )
2014年6月28日掲載
英語原文: A Population Shrinks: Age of Extinction?
許可を得て複製

10引く1が9であることを人々がなかなか理解できないのはなぜなのか? リンゴが10個あって1個捨てたら9個しか残らないだろう?世界中のどの国もこの単純な人口方程式に悩んでいる。 労働人口が最も急減している日本を例に取ってみよう。

ジャパンタイムズに「人口が5年連続で減少」という見出しが躍った。2013年の出生数は103万人に微増したが、 死亡数は過去最高の126万人に達した。その結果、人口減少、すなわち、死亡数が出生数を237, 450人上回ることになった。この数字は日本最高記録である。人口は7年連続で人工的に減少したのである。

現在の日本の総人口のうち、15歳未満の子どもは13%で、65歳以上は25%である。計算上は、人口は減少する。「 労働人口の減少」につながるこの「人口内部崩壊」の主な原因は、日本の小児人口の人為的な減少である。

単純な論理方程式に当てはめてみよう。労働人口を安定的に確保するには出生率2.1が必要になる。現在、 日本の出生率は1.4である。日本は妊娠中絶の割合が高いため、出生率が低下し、 自ら進んで労働人口の減少を引き起こすことになっている。

21世紀以降、日本では毎年、約30万件の中絶が行われている。つまり、 10年間では360万人の日本の人口減少に相当する。中絶の件数が減れば、労働人口の減少にも歯止めがかかる。

ただし、医師が所得税の支払いを回避する方法として(Coleman 1991)、さらに女性の秘密、特に中学生や高校生という若い女性の秘密を守るという社会的圧力により、 実施した中絶の件数を少なく報告する傾向があることから、 中絶に関して日本政府が発表している統計を正確とみなすことはできない。(ウィキペディア) 中絶の件数ははるかに多いと考えられる。

沈黙はもはや善良な人が取るべき行動ではない。中絶を行う社会は自らを死に追いやっている。簡単な算数である。 10引く1は9。生まれてくる子どもを守るのか、沈黙によって殺人を支持するのか、選択するのは私たち自身である。

この記事の上へ