女の子達に私の悪口を言っているのです。
若者と愛: 十代の性

Lee, John Ooi Peng (りー・ジョーン)


質問:勉強のことをしょっちゅう聞きにくる男の子が学校にいます。でも彼は何度も催促しないと本を返してくれない上に、どうやら私の事をライバル視しているらしく、クラスの他の女の子達に私の悪口を言っているのです。

答え:利用されたままではいけません。他人を使って欲しい物を手に入れようとする、利己的な考えに基づく関係です。どんな関係にも多少は相手を利用する部分が存在します。それは私達が人間関係において少なからず身勝手なところがあるためです。利用よりも友情の方が上回る場合もあれば、他人を利用するための見せかけだけの「友情」もあります。あなたの場合は、自分が望む友情のあり方を彼に明示することが必要です。もしも彼がそれを納得して実行しないなら、彼からの頼み事を「ノー」と断って無視しましょう。

相手を利用する・しないの問題はセックスがらみの人間関係でもよく見受けられます。売春・ヌード・レイプ・男の子が欲望を満たすため彼女に強要するセックスなどが顕著な例です。その他に、親しい同じ人とばかり週末を過ごしたり、友達に「見せびらかしたい」ためにデートをしたり、誰かを見返すために別の人と仲良くするのも、相手を利用しているのと同じ事です。

この記事の上へ