最近目にした驚くべき数字。その2

Honda, Jirou (ホンダ・ジロウ)
心臓血管外科医・本田二郎
『温心、涼脳 Warm Heart、Cool Head』
2011年2月16日掲載
http://surgeonx.blog101.fc2.com/blog-entry-57.html
許可を得て複製

これは以前から信じられなかった数字ですが、日本の自殺者の数です。年間約33000人。平成15年が34000人でそれ以降多少減少してはいるものの、ほぼ横ばいです。1日約90人が全国で自殺しているという、単純計算になります。この数字は自殺と断定されたケースのみで、変死者や失踪者を含めると年間10万人近くなるという説もあります。異常な数値だと思います。

自殺がうつ病と関連していて、うつ病患者が増えているというのはわかりますが、一方でうつ病の治療薬はここ10年で進歩し、また治療方法や治療従事者の数も増えています。メディアはさかんに「うつ病」を特集し、本屋に行けば「うつ病本」だらけです。それがかえって逆効果なのでしょうか?

最近は小学生の自殺とか衝撃視されていますが、それも例外的な出来事で、圧倒的多数は50代の自殺です。さらに意外(?)な数字は20代の自殺者より70代の自殺者が多いということです。ちょっと前に、ネットで知り合った若者が複数で煉炭自殺することが話題になりましたが、それは単に自殺方法が世相を反映して変化しただけの話なのです。

警察庁統計では「健康問題」が自殺の原因の半数近くを占めると言いますが、他国に比して極めてアクセサビリティに優れ、問題はあるものの皆保険制度が充実している日本の高齢者医療に重大な欠陥があるとはちょっと考えにくいです。

では経済的問題、「不況」が原因でしょうか?なんとなくわかりますが、警察庁統計では平成15年が自殺者最高値で、リーマンショックの時期とはずれています。

では借金地獄、保険金目的の自殺が多いのでしょうか?電車に乗れば「借金返済のご相談はこちらへ」という弁護士ポスターはいやでも目に入ります。効果がないのでしょうか?

民主党のセーフティネット政策は焼け石に水だったのでしょうか?一方でそのセーフティネットや生活保護制度を悪用した「働かずして食ってやろう」というとんでもない輩も少なくありません。まったく私にはこの現状が理解出来ないでいます。

さて、自分もそろそろ「自殺適齢期」に突入しますが、正直「自殺」のことなど考えている暇もない日常です。うつ病の方々はともかくとして、自殺を考える人は「精神的に暇状態」なのでしょうか?

数字の話その2でした。

この記事の上へ