未婚の母のためのガイドライン
交際の時の注意事項

Editorial (オピニオン)
日本プロ・ライフ・ムーブメント
許可を得て複製

未婚の母がデート(一緒に外出する)に誘われた時、彼女達は、ちょっとした恐怖感や不安を抱きます。例えば、「もう一度、他の人と親しくなるという危険を犯すべきかしら」「この人をもっと知りたいと思って交際するほど、信用できるかしら。」

この様な疑問が未婚の母に起こる訳です。しかし全くの恐怖感なしに新しい交際相手を楽しみに待つということは大切なことです。下記のガイドライン(注意事項)は、未婚の母が将来、結婚するかもしれない人をより良く理解し始めた時、不安を抱かせないように手助けする目的で作られました。

  1. 交際の申し込みを受諾する前に、あなたに子どもがいることをきちんと交際相手に伝えましょう。正直に伝えて、彼に事実(子どものこと)を考える時間をあげましょう。もし彼(交際相手)がその事で交際することに難色を示したなら、そのおかげで、あなたは彼と将来起こりうる不愉快なぎこちない状況を避けることができたのです。もし貴方が赤ちゃんを養子に出したのなら、しばらくの間あなたは交際相手に赤ちゃんのことを伝えたくないかもしれません。しかし、例えそうしたとしても、養子に出さずに自分で子どもを育てている他の未婚の母と同じ様な不安感を、依然あなたは経験するかもしれません。
  2. あなたの持つ最大限の能力を使って、交際する相手を選ぶときは、細心の注意を払って下さい。過去にたくさんのトラブルのあった男の人(例えばたくさんの離婚歴)は、あなた方の新しい関係に同じ様なトラブルをもたらすかもしれません。
  3. あなたが以前に子どもを生んだという事実は、貴方がセックス(性交、性行為)に対して寛容であるということにはなりません。交際においては、決して何の前提条件(例えば性行為)もつけられるべきではなく、お互いの尊敬と礼儀に根ざした交際であるべきです。
  4. 魅力的でしかもあまりけばけばした派手でない服装を選びましょう。体の部分があらわになるような、またはすけすけの服をあなたが着ると、交際相手が、二人の結婚まで性行為(セックス)をしないというあなたの真偽に疑いを持つかもしれません。
  5. 交際を始める前に、十分信頼のできる人が赤ちゃんの世話をするようにしておきましょう。赤ちゃんの世話をする人(ベビー・シッター)については、あなたの責任であり、費用はあなたが支払うべきで、交際中でも相手に支払ってもらうべきではありません。ベビー・シッターが必ずあなたがデートのため外出する前に家に来てくれるように深く考えて行動して下さい。必ず、緊急時にベビー・シッターがあなたに連絡できるようにあなたのデート中の居所を、電話番号を家に残しておきましょう。もし外出時に電話番号がわからない場合は、外出先からベビー・シッターに電話して、あなたの居場所を伝えてあげましょう。ベビー・シッタ−を家まで無事に送り届けるのもあなたの重要な責任の一つです。
  6. デート場所についてあなたの好き嫌いの区別を相手にはっきり伝えましょう。あなたが正しいと信じていることを相手に伝えましょう。我々のほとんどは、信念を持ち、それに従って行動する人々とは心地よくつき合えるものです。あなた自身の価値観を表現できるような人生を送りましょう。
  7. あなたの子どものことだけで、二人の会話を独占しないように気をつけましょう。あなたの交際相手が、いろいろな話題について語り合いたいということを忘れないようにしましょう。反対に、話題からあなたのお子さんについての話を全く取り除いてしまうことがないように気をつけましょう。あなたのお子さんはあなたの人生の当然一部であるのですから、あなたの会話が子どものことに関するのはごく自然なことです。
  8. できるだけグループで交際(デート)するようにしましょう。あなた以外の他人が存在すれば、結婚前の男女にとって潜在的に危険となりうる二人だけになるプライベートな時間は少なくなります。
  9. あまりにもあらわに性行為やそれに等しいものが出てくる映画を交際している人と見に行くのはやめましょう。映画を楽しんだ後の夜になって結婚前のあなた方二人に問題を生ずる可能性が十分あります。
  10. とにかくお酒(酒類一般)を飲むことを全面的に避けるか、少なくとも節度ある飲み方をして下さい。薬物(麻薬など)やお酒が体にはいると、あなたの固い決心を揺るがしかねません。
  11. あなたのまわりにいる友人達について考えてみましょう。彼らは(または彼女達は)、お酒を飲み過ぎてばかりいませんか。薬物(麻薬など)などを使っていませんか。多数の人と性関係にありませんか。彼らの家の家賃や、(クレジットカードなどによる)請求書をきちんと毎回、遅れずに期日までに払っていますか。一つの仕事、要するに、定職についているでしょうか。我々の友達は、私達にとって絶大な影響力を及ぼします。友達次第で、私達の生活状態、ひいては人生が、惨めなものになったり素晴らしいものになったりします。
  12. 適切な時に、タイミングを見計らって、(例えば、二人の会話が交際上の関係などについて話しているときなど)、あなたは貞節を守っていることを、あなたの交際相手に伝えましょう。そして、貞節を守るというあなたの決断を尊重してくれるよう頼みましょう。
  13. 人目につかないプライベートな、特に「恋人達の憩いの場」的所には、近付かないようにしましょう。もしデートが夜遅くなったときには、交際相手を家に招き入れるのはよしましょう。人目につかない場所で二人だけになったり、また夜の遅さそれだけが、性行為そのものに結びつく危険があるので気をつけましょう。
  14. 決して雰囲気がもたらす影響をあなどらないで下さい。例えば、いたずらに長く抱き合って、キスをすることなどは避けて下さい。そうすることによって、あなたは自分から二人の愛の発展に問題を招いているのです。自分自身をよく理解し把握して下さい。人間が持つ「もろさ」をわかってください。もう二度と妊娠する余裕などないはずです。貞節を守るには当然ながら、性行為から遠ざからねばなりません。
  15. 自分が孤独感に打ちひしがれている時に男性に会うのは避けましょう。孤独でいるときが、一番人間がもろく(誘惑されやすく)、判断力がにぶっているときです。孤独というものは(恐ろしいもので)、我々にとってよくないとわかっている交際相手と、そのために会い続けてしまうという事がよくあるということを心にとどめておいて下さい。そういう人との交際を断ち切ってしまうために全力を使いましょう。ちょっとした付き合いと思った交際が性的に不健全な状態に陥りかねないことを忘れずに。
  16. 酒場に行って男の人と出会おうとする事はやめましょう。酒場では男は、「一夜だけの相手」をよく探しているものです。その代わりに、若者が集うクラブ(カルチャーセンターなど)に行って、ダンスの授業に申し込んだり、または、男女混合のソフトボール、ラケットボール、テニスなどを楽しみましょう。とにかく男性に会う全ての良い方法(前述)を試してください。
  17. 他人と交際することで、一番重要な要素は友情を二人で育む事だと覚えておきましょう。性行為なしの二人の友情は、カップルの意志疎通、ひいては相互理解を高めます。交際することの目的は、あなたの交際相手の人柄、価値観、将来の目標また好みをよく理解するようになることです。二人が性行為に至るようになると、この前述の交際における前提を壊してしまい、カップルの間に、尚早な関係だけをきづいてしまうことになります。時には、性行為の後、妊娠したことに気づいたカップルは自分達に共通点がいかに少なく、実はあまり馬が合わないということを悟るという悲劇も起こります。

セックスは、愛では決してありません。いろいろな経験から、UPA(未婚の母匿名協会−−仮称)は、セックスは交際を男女間で進めていく上でなんの役割も果たすべきでないという事実を学びました。愛なしでは、セックス(性行為)は全く一時的なものであり、奪うだけで何も得ることができない搾取的になり、また自己満足だけでおわってしまう。結婚前のセックス(婚前交渉)をするカップルは、満足感が得られず、不幸せです。と言うのは、そういうカップルは、単にセックスをレクリエーションの一形態としてとらえ、二人が一人になるという深遠な本来の意味を理解していないからです。本当の愛というものは、あなた自身の献身、尊敬というものであふれており、無条件で存在するものです。誠実な男性ならば、決して彼が愛する女性に対して、彼女の価値観に反するようなことを頼んだり、結婚前のセックスにおいて避妊薬などの危険の伴う事を強要しません。

愛するということは、愛する相手の持つ欠点と共に、長所を受け入れることなのです。愛情は、調子のよい時も悪い時も乗り越え、単なるセックスから生ずる快楽感を超越したものです。愛は、愛し合う二人に全てのことに共に対処していくことを求めます。ですから、その結果として結婚が必要になるわけです。そして、その上での性行為が二人を一つにする素晴らしい結び付きを助けるものなのです。この様な性行為は、快いものであり、自分自身を相手に捧げることであり、そして本当の意味での愛が要求する「一体感」をもたらします。

UPAの調査によると、我々はよく、性的魅力と愛を混合することがわかります。もし私達が、結婚前に性的に活動的になると、否定的で、混乱した感情の乱れを経験しかねません。セックス経験は、常に新しい経験を求めることを強化してしまい、その結果、交際する時にセックスすることだけを求める偏重が、将来の我々の伴侶となり得る人々を、人格にもとづかずに、表面的に判断しかねません。

こういった理由から、あなたは交際相手との身体的な接触をさけた方が賢明でしょう。愛の基本となっているのは友情です。愛情は誠実かつ正直で、親切で、愛に溢れている人との間にしか生まれません。一方、身体的な魅力というものは、単なる感情や身体的な欲望や素質を備えているだけで、愛されていない人とにだけ生じるのです。

愛は、決断そのものであって、単なる感情では決してありません。


貞潔の意味

この記事の上へ