友人への手紙:「貞潔を貫きなさい」

Driscoll, Pat (ドリスコル・パット)
許可を得て複製

(恋人同士の間でセックスをすることは、いまや娯楽のひとつというか、デートの最後に男性が女性に要求する一種の「見返り」となっています。私たちティーンエイジャーの多くは、したくないのにセックスを要求されるプレッシャーを感じています。特に女性は、婚前セックスが招く様々な心配や責任を負いたくないと思っています。なぜなら、その結果を背負い込むことになるのは、男性ではなく、女性である自分の方だからです。)

お手紙ありがとう。あなたにセックスを要求するボーイフレンドに、どう対応すればよいかというご質問でしたね。あなたのような立場にいる人は、とても多いのです。彼女たちの多くは、ボーイフレンドの次のような言葉で要求に屈してしまいがちです。例えば…

「お互いに愛し合っているのだから、身体でも愛を確認すべきなんだ」

「みんなやっていることなんだよ」

「避妊すれば大丈夫」

「どうせ結婚するんだから、今したっていいじゃないか」

多くの女性は、キスや抱擁や愛撫で自分をまかせてしまいます。ペッティングの度に少しずつ先へ進み、ついに最後の段階まで到達してしまうのです。そういう時は、お酒によって抑制力をなくしていることが多いのです。ともかく、彼の要求に応えるのか、あくまで貞潔を守るのか、あなたが決心しなければならないのです。

要求に応じた場合にもたらされる結果

では、ボーイフレンドにイエスと言った場合から考えてみましょう。何時間か(あるいは何分か)の肉体的な興奮と快楽と引き換えに、あなたには次のようなことが起こります。

1.まず、あなたは処女を失います。これは、たった一度しか与えられない贈り物です。そして、それはあなたを愛していると言うボーイフレンドのためではなく、あなたと完全に一体となる(結婚する)夫となる人のために守るべきものです。

2.自由も失います。セックスの欲望に取りつかれたり、彼の愛情を「失わない」ためにセックスをするようになります。妊娠や病気のことも心配になるでしょう。(彼があなたとセックスしたいと言うのなら、これまで彼は何人の女性に同じ言葉を言ってきたのでしょう?覚えておいてほしいのは、彼とセックスをすることは、これまでの彼の相手が持っていたかもしれない病気にあなたが感染する可能性があるということです。彼の相手が自分で気づいていない病気も含めてです。)

3.自尊心が弱まります。セックスは結婚した夫婦だけがするものという教えを受けていれば、たくさんの女の子がボーイフレンドとセックスしているのだから、自分もいいじゃないかと考えても、心の底で罪悪感を感じざるを得ないでしょう。また、一度セックスをしてしまうと、彼への疑念や失望感に悩まされることにもなるでしょう。彼があなた自身を本当に愛しているのか、それともセックスそのものを愛しているのか、いつも疑わなければならないからです。

4.あなたは彼を精神的に弱めることになります。セックスがいかに二人にとって楽しいものであっても、女性が肉体的に男性の欲望を満たす時、彼女は彼の身勝手を認め、彼の自制心を弱めてしまうのです。つまり、彼女にとってそれが最良の選択ではないにも関わらず、彼の欲望を満たしてやることになるからです。もちろん、彼女を妊娠やそのほかの危機にさらすことは、双方にとって望ましいことではありません。

男性は、結婚までセックスをしないような自尊心のある女性を密かに尊敬しているものなのです。ガールフレンドにセックスをするようプレッシャーをかけておきながら、心の底では貞潔な妻となる女性を求めているのです。ですから、女性が婚前セックスにノーと言えば、それは男性にとって彼女が信頼できる女性であるという証にもなるわけです。

一方、ボーイフレンドの誘いにイエスと言えば、あなたは将来の結婚を危機にさらすことになります。今の彼とセックスをする仲になったとしましょう。多分あなたたちはいずれ結婚するつもりなのでしょうが、しない可能性だってあるのです。多くの場合、カップルが満足のいく性的関係を持つと、その肉体的な絆がお互いをたった一人の大切な人だと思わせてしまうのです。セックスの強力な力によって、欲望と快楽に目が眩み、そのまま結婚へとなだれこんでしまうのです。そして情熱が冷めたある日、お互いが知性・性格・社会的レベルその他の面で釣り合わないことに気づくことになります。

このように、婚前セックスによってもたらされる弊害がたくさんあることについてはわかりました。では、ここで賢明な人はなぜセックスを急がないのか、その理由を見てみましょう。

貞潔を守ることの利点

貞潔を守ることの利点を次に挙げます。

1.処女を守ることができます。それは夫となる人に対する大切な贈り物です。

2.自由でいられます。妊娠や性感染症、エイズなどの危険性や、ピルやその他の避妊薬を服む煩わしさと危険から身を守ることができます。「できちゃった結婚」をするか中絶か、はたまた生まれる子を養子に出すかなどという選択をせずにすみます。

3.罪悪感、猜疑心、失望感を味わわずにすみ、また自分の評判を下げずにすみます。社会的に自由な立場を維持し、いろいろな人との友情を育み、その中から最適な人を配偶者に選ぶことができます。

4.自尊心を高めることができます。自分の中にはっきりとした価値基準(セックスは夫婦間に限られる)があり、それを守ることによって、あなたの自尊心が高められるのです。あなたがボーイフレンドからのプレッシャーに耐え、誘惑に打ち勝てば、それは他の人にとっても励みになります。

私たちはみな、善良で高貴で尊敬される美しい人でいたいのです。正しく行動すれば、私たちの尊厳と人格の美しさは増します。それこそが唯一、消えることのない美しさなのです。

セックスの意味

性交は、「お互いが完全に一体となっている」という意味のボディーランゲージです。人間の性交は、(身体的な意味だけの動物の交尾と違って)感情や精神、心理、知性などあらゆる面が関わっています。性交は、単に生殖という生理上の目的だけでなく、夫と妻の絆を示す結合の象徴でもあるのです。

ボーイフレンドに言うべきこと

彼があなたにセックスを求めてきたら、こう言いましょう:あなたとセックスしたくありません。ボーイフレンドでも、フィアンセでもなく、夫となる人のために、私は結婚するまでセックスしないつもりです。だから、挑発的な言動(セックスしたくなるような気持ちを起こさせる行動すべて)もしないつもりです。

セックス以外の方法で愛情を表現しましょう。お酒も必要ではありません。友人関係を続けましょう。お互いの考えや目標、将来への夢や希望、価値観やそれぞれの持っている問題を話し合い、分かち合いましょう。けれども肉体上の親密な「理解」や「ペッティング」は、性交の一部であり、結婚まで待つべき事柄です。

こうして、もしも私たちが最終的に結婚すれば、お互いが信頼できることを証明している私たちの絆はより強いものになるでしょう。

私にとってセックスとは、死が私たちを分かつ日まで、お互いに完全に一心同体となることを意味しているのです。二人を一つにするのがセックスです。すばらしいものであってほしいのです。あなたに私を完全に与えるためには、あなたもまた私に社会的に尽くしてくれ、それが生涯続くという安心感と信頼を感じることが必要なのです。真実の愛があれば、結婚の日まで喜んで待てるものです。

この記事の上へ