スズキ ノブユキ Suzuki Nobuyuki

Biographical Note:

昭和44年(1969年)11月生まれ 昭和63年(1988年):神奈川県立大和高等学校卒業 平成元年(1989年):工学院大学工学部電子工学コース入学 平成6年(1994年):同 卒業 平成6年(1994年):第一製薬株式会社に入社 同東京研究開発センター勤務 平成19年(2007年):第一製薬株式会社(現第一三共株式会社)退社 平成20年(2008年)4月:みのりCafe開業 平成22年(2010年)10月:患医ねっと立ち上げ   日本育療学会会員 日本スペシャルティコーヒー協会個人会員 日本医学教育学会 会員 日本医学看護学教育学会 会員 平成7年(1995年):全国二分脊椎児者を守る会(現日本二分脊椎症協会) 本部副会長 就任 平成12年(2000年):日本二分脊椎症協会 本部機関紙部 就任 平成16年(2004年):日本二分脊椎症協会 本部会長 就任 平成18年(2006年):日本二分脊椎症協会 本部事務局 就任 平成22年(2010年)10月 精巣腫瘍患者友の会(J-Tag)副代表\就任

Website:http://www.asahi-net.or.jp/~wc4n-szk/

Articles at Lifeissues:

着床前診断って必要なのですか?

先天性疾患の「二分脊椎」。それが私の疾患である。遺伝性疾患ではなく着床前診断の直接的な対象ではないが、 出生前診断で判明する例が多く、実質的にいのちの選別をされる対象である。


出生前診断のページ

出生前診断・・・近年の医学の発達はものすごい
もう、人間はついていけなくなりつつある
私はけっして医学の発達を非難はしない
ただそれについていけない社会を憂いている