サカクラ・ケイ Sakakura, Kei

Biographical Note:

カトリック成田教会神父

Articles at Lifeissues:

ク リ ス マ ス と 間 引 き

二十年程前の事、数人の婦人たちが「あの人赤ちゃんを産んで、御不浄(ごふじょう)に捨てちゃったんだって」 と話しながらお茶菓子を食べていたのを、私は今でも覚えている。特にここ数年、 折あるごとにその時の状況と産み落としたおばさんの顔が鮮明に浮かび上がってくるのだ。もちろん当時、 間引きが頻繁にあったのではない。しかしそれでもあの婦人たちは、 それが新聞に殺人事件として報道されるような事柄だとは、だれも意識していなかったのではないか、と思う。 私は彼女たちが間引きに何の罪も感じない時代に生きていたと言うのではない。 近世はもちろん近代にもあった間引きという現実を、あれは殺人行為だと捕えないような意識、 あるいは親の方に何か特別な事情があったと受けとる観念の名残を、今になって私は、 そんな記憶の内に見るような気がするのである。

”封印”された人生の復活

カトリック教会では、十一月を「死者の月」と定め、特に死者のために祈ることを呼び掛けている。しかし、 自殺や中絶をめぐっては、遺族や当事者、また第三者も、その出来事とどう向き合い、 どう声を発していいのか戸惑っている場合が少なくない。長年、自殺や中絶といった、 人生のつらさを体験した人々と多くの身近なかかわりを持ち、 カトリック教会の教えと死をめぐる問題を見つめてきた東京教区の坂倉恵二神父に、 これらの問題と死者の祈念について聞いた。

曲がっている

幼稚園付きの教会で働いていた時、園児の父母を対象に、宗教講座を受け持っていた。平日の日中なのでお母さんばかりだったが、運動会や発表会などにはお父さんも来ていて、その子のお兄ちゃんやお姉ちゃん、小さな赤ちゃんも来ているので、家族の暖かな姿が羨ましかった事を覚えている。その中の一人の女性は、ミッションスクール卒業で、それで子供をカトリックの幼稚園に入れていた。その彼女はミッションスクール在学中も「公教要理」を受けていたし、教会でも勉強は続けていたが、何故か洗礼を受けようとはしなかった。前の年の復活祭の時も受けませんかと薦めたが、断って来た。それでもイエスの魅力には惹かれていて離れる事ができず、ずっとここまで来てしまったとの事だった。