グリーン・フレデリカ Green, Frederica

Articles at Lifeissues:

「選択権」のにがい代償

私は大学生だった時、「間違って出来た子どもを産むな。中絶を合法化せよ」と書かれたバンパーステッカーを自分の車に貼っていた。私はキャンパス内の数少ないフェミニストの一人だった。「中絶する権利」は目に見えた旗印であり、手に届く範囲のはっきりしたゴールだった。女性の誰がそれに反対しただろう?しかし今、私は反対する。中絶賛成の立場から反対の立場に変わるプロセスには時間がかかった。そして意図しない妊娠が、破壊的な問題を引き起こすということもわかっている。けれど私は中絶の合法化は間違った解決法、と実感せざるを得ない。