ブラウン・ジュディ Brown, Judie

Biographical Note:

(英語)Website:

Website:http://www.all.org/

Articles at Lifeissues:

スキャンダルが赤ん坊と魂を殺す

「沈黙は金なり」という格言がある。しかし沈黙によって罪が拡大する場合、この格言は真実とは程遠いものになる。

中絶賛成派は決して敬虔なカトリック教徒ではない

一世紀から教会は中絶すなわち子宮内の無力な赤ん坊を殺すことの道徳悪を唱えている。第五の戒律は正義と平和のために働き-可能な限り戦争を回避する-最も極端(かつ希少)な状況に対しても人命を守るために死刑の使用を制限することも説いている。他人の生命を奪う権利は神にしかない。我々が‐自己防衛や他の人を守るために‐その行為を自ら行う場合、他の選択肢が全くない事を確認するべきである!また、病気、死が間近に迫っている、身体障害を負っている、あるいは精神を患っている人を安楽死させたりその生命を故意に奪ったりすることは道徳的に許されない。教会は病気の人々に対して行われるべき通常の医療を要求しているが、高負担、危険あるいは極端な医学的処置が必要とは限らない。

共通理解は可能でしょうか

私が母親の胎内の罪もない子どもを意図的に殺すことを支持する人と初めて出会ってから26年近くになります。中絶という邪悪な行為についての私と意見の異なる人との議論ということになると、その26年間にほとんど変化はありませんでした。

中絶をやめるために、私達にできることは何もないのでしょうか?

アメリカでは、毎日何千もの神の子どもが死んでいます。彼らは体外受精のため壊されています。彼らは、経口避妊薬ピルやIUDやモ−ニング・アフタ−・ピルやデポ−プロベラやノアプラントやその他の化学薬品によって生命の第一日目に消されています。彼らは様々なタイプの外科的な妊娠中絶によって引き裂かれています。

もし、道徳的義務により、避妊薬を決して使わないなら、どうするべきでしょうか?

お互いについて、あなたがどのような役目を果たしているのかについて、別の人間をもうける可能性について予期することの意味を学べば学ぶほど、お互いをより良く理解し、お互いにより良く尊敬し合い、自然が意図したように本当の意味でより良く身体を分かち合うでしょう