家族 / 自然な家族計画 : 自然な家族計画

『フマネ・ヴィテ』

Documents,Official ドキュメント,公文書
聖座と平和の中に一致している尊敬する教父、大司教、司教様方、すべての地方教会の教区長の皆さん、司祭と信徒の皆さん、及びすべての善意の人々、尊敬する兄弟と子供である皆さんにご挨拶と祝福を送ります。

自然な家族計画

Omlin, Cindy オムリン・シンディー
ロー対ウェード判決から二十五年経過しました。そして今、生命を囲む環境は最悪です。あの時点以来、米国では三千七百万人の赤ちゃんが合法的中絶手術で抹殺されています。幼児殺害と安楽死は社会から容認されつつあるようです。一九七三年のあの判決はこのような人間の生命軽視のきっかけになったのでしょうか?社会のこの崩壊ぶりの原因はさらに遡って、避妊を多くの人が容認していることにあると考える人たちも多いのです。

家族計画のジレンマ

Pavone, Frank パヴォーン ・フランク
ジョンとメアリーは結婚したばかりです。彼らは新居を構えて二人で新婚生活を始めたことにうきうきしています。彼らはそのうちに子どもを育てたいと思っていますが、今すぐに始められる経済状態ではありません。2、3年すれば子どもを産む用意ができるだろうと彼らは考えています。

「ナチュラルウェイー」 ビリングズ・メソッドー
本:(54ページ)

Billings, John ビリングス・ジョン
「自然が育んだ宝石は素晴らしい!人工石とは比較にならない。」宝石商の方の感嘆の言葉です。人間の尊いいのちも、この自然の恵みが、より素晴らしい幸せな誕生に導きます。ビリングズ医学博士夫妻は、いのちと性が大切にされる自然な受胎調節(出産計画)一ビリングズ・メソッド(排卵法)一を開発されました。そして、この40年間にlOOか国以上に招かれ、シンポジウム・研修会・講演会などを行なってこられました。日本には、1989年と1996年の2回来られ、北海道から鹿児島に至る各地で研修会や講演を行なってくださいました。

加賀乙彦先生(作家・医学博士)は「ビリングズご夫妻の開発した排卵法は確実性において優れている。この方法によって避妊から家族計画へと、私たちの家庭をより自然に、より喜びに満ちたものにすることができる。この方法によって、多くの家庭が幸福への道を見出すよう願ってやまない。」と述べておられます。ビリングズ・メソッドは、文化・宗教・国民性を超えて世界の国々で採用され、若者の健全な育成のためにも大きな恵みをもたらしています。

ビリングス・メソッド教本

Billings, John ビリングス・ジョン
女性は排卵が近づいてくると、立った姿勢のときや、体を動かしているとき、膣か ら子宮頸管粘液が出てきます。この粘液は次のようにして膣口で観察できます。

自然な出産・母乳保育・ビリングス・メソッドによる自然な家族計画の証

Family Center ファミリーセンター
賀久先生がおっしゃるように、望まれた受胎が愛情にあふれた家庭環境を作りだし、幸せな子どもを産み出すのだと、今実感しています。

「生命を大切にすること」について

Family Center ファミリーセンター
二十一世紀の始まりである大聖年、紀元二千年を迎えました。(西暦)紀元は、世界中でお祝いされるイエス様の誕生に由来しています。このイエス様の母マリア様について、昨年「愛誌」に「マリアさまはいつも私たちと共に−グァダルーべの聖母−」と題して掲載されました。その後、表題のテーマで原稿を依頼された私は、神様のお導きを感じました。

「生命の尊さ」についての報告

Family Center ファミリーセンター
人の命が粗末にされる現象が見られる昨今,21世紀の命を育む若者達に命の尊さを考える場を提供するために,このテーマで見識の

こんにちは赤ちゃん

Family Center ファミリーセンター
昨年十月(1996年)、東京、名古屋、長崎の三会場において、明るい家庭を築く会主催の研修会が「自然の恵みビリングス.メソッドー大切にしたいいのちと性のために」のテーマで開催された。開発者で医学博士のビリングス夫妻が来日され、研修会で受講者の指導にあたってくださった。『ビリングス排卵法』とはどういうものか、研修会でのビリングス博士の話を元にその概要を紹介する。

『フマネ・ヴィテ』

Smith, Janet スミス・ジャネット
聖座と平和の中に一致している尊敬する教父、大司教、司教様方、すべての地方教会の教区長の皆さん、司祭と信徒の皆さん、及びすべての善意の人々、尊敬する兄弟と子供である皆さんにご挨拶と祝福を送ります。

ビリングズ法(ビリングズ・メソッド、排卵法)概説

NFP 自然な家族計画
本文は、ビリングズ法(ビリングズ・メソッド、排卵法)の概説です。 この方法の本格的な研究や実用には末尾の参考サイトを参考になさっていただきたいと思います。