息子はダウン症 子どもは誰もが天使であることを知った7年間の子育て 「知らなかったことは大きい」

withnews(朝日新聞社会部記者・金子元希)
2018-10-23

東京都大田区の服部周<しゅう>君(7)は、この春に特別支援学校に入学した小学1年生です。ダウン症と自閉症をもつ周君。毎日元気に通学していますが、出産からしばらくは母りえ子さん(50)の心は深い闇の中にありました。でも、いまは「この子でよかった。素晴らしいギフトを与えていただいた」と感じています。7年の子育てから芽生えた思いを聞きました。

〈「天の賜物」

小児科の医師は
私達の前で
紙をひっくり返し
周の染色体の写真を見せた

「正常よりも一本多いです」

二人で溢れる涙を流した
翌朝
僕は恩師に電話をした

「その一本の染色体に
 天の息吹がこもっています」

「これから僕と嫁さんで
 周が授かった賜物を探します」〉

――「詩集 我が家に天使がやってきた」より

全文は下記

http://news.livedoor.com/article/detail/15478849/

他の見出し