松本人志の「死んだら負け」論 不登校新聞編集長が抱く違和感

AERA dot.
2018-10-20

ダウンタウンの松本人志さんが自殺に対する持論をツイートし、話題になっている。自身も不登校経験者で、いじめ裁判や当事者の取材を重ねてきた全国不登校新聞の編集長、石井志昂さんは違和感を持っているという。

農業アイドル「愛の葉Girls」の元メンバー・大本萌景さん(当時16歳)が自殺した問題を受けて、10月17日の深夜にツイートされたものです。松本さんは、10月14日にもフジテレビ系「ワイドナショー」で「ついついかばってしまいがちなんやけど、僕は『やっぱり死んだら負けや』ということをもっとみんなが言わないと。死んだらみんながかばってくれるっていう風潮がすごく嫌なんですよ」などと発言し、賛否両論が起きていました。

あらためて伝えたいのは、死んでも子どもの気持ちに耳を傾けないのが司法や学校という組織だということです。

全文は下記

https://news.goo.ne.jp/article/dot/life/dot-2018101700065.html

他の見出し