遺児世帯の8割「生活苦しい」 育英会調査、雇用も悪化

中日新聞
2018-10-20

親が病気や自殺などの理由(交通事故を除く)で亡くなったり、重度の障害を負ったりして、あしなが育英会(東京)の奨学金を受給している世帯を同団体が調査した結果、約8割が現在の暮らしぶりを「苦しい」と感じていることが18日、分かった。

全文は下記

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2018101801001829.html

他の見出し