魚食べない人は死亡リスク2倍に 大動脈の病気で差

朝日新聞デジタル【土肥修一】
2018-10-20

魚をほとんど食べない人は、習慣的に食べる人に比べ、大動脈瘤(りゅう)や大動脈解離で亡くなるリスクが高いとする研究結果を国立がん研究センターと筑波大などの研究グループが発表した。魚には動脈硬化を防ぎ、血管を守る効果がある成分が含まれていることが影響していると分析している。

全文は下記

https://www.asahi.com/articles/ASLBL3H3RLBLULBJ004.html

他の見出し