被害女性の苦しみ、沈黙に光…平和賞の選考理由

YOMIURI ONLINE【オスロ=広瀬誠】
2018-10-08

ノルウェーのノーベル賞委員会のライスアンデシェン委員長は5日、今年のノーベル平和賞にイラクの人権活動家ナディア・ムラドさん(25)とコンゴ民主共和国のデニ・ムクウェゲ医師(63)を選考した理由について、「被害者は苦しみ、沈黙してしまうものだが、2人は、女性が戦争や紛争時に受ける被害に光をあててきた」と語った。オスロで読売新聞の取材に明らかにした。

全文は下記

https://www.yomiuri.co.jp/world/20181007-OYT1T50046.html

他の見出し