埼玉)蓮田市のエンディングノート 出前講座で職員助言

朝日新聞デジタル【加藤真太郎】
2018-10-08

いつかは訪れる死に備える「終活」。自分の希望をつづり、家族や周囲に託す手段の一つがエンディングノートだ。埼玉県蓮田市は官民協働で作ったノートを手に、担当職員が書き方を助言する出前講座を開き、地域の高齢者や民生委員らにノートの大切さを説いている。

全文は下記

https://www.asahi.com/articles/ASL9T6TCML9TUTNB031.html

他の見出し