中絶を拒否され死亡…悲劇の31歳女性に、ハリポタ女優が誓ったこと

女子SPA!
2018-10-06

「ハリー・ポッター」シリーズで愛らしいハーマイオニー役を演じた元子役のエマ・ワトソン。いまではすっかり大人の女性に成長し、女性の権利向上のために活動するフェミニスト女優として知られている。昨年には、雑誌に掲載されたノーブラ写真が炎上、「フェミニストを名乗っておいて、体を見世物にするとは何事か!?」と批判されるも、バッサリ見事に切ってみせた。

どんな批判を受けても、女性のために前進し続けるエマ。このたび、中絶を拒否されて亡くなった女性にオープンレターをしたためた。

2012年、妊娠17週目だったアイルランドのサヴィタ・ハラッパナヴァー博士は、流産に伴う体調不良で病院に搬送されたが中絶を認められず、敗血症により31歳の若さで息を引き取った。

全文は下記

http://news.livedoor.com/article/detail/15402392/

他の見出し