児童虐待、最悪3万7千人超…「心理的」7割

YOMIURI ONLINE
2018-10-05

全国の警察が今年上半期(1〜6月)に虐待の疑いがあるとして児童相談所に通告した18歳未満の子どもの人数は、過去最多の3万7113人に上ったことが4日、警察庁のまとめでわかった。半期ごとの統計を取り始めた2011年以降、7年連続の増加。年間で最多だった昨年の上半期を6851人(22・6%)上回った。

全文は下記

https://www.yomiuri.co.jp/national/20181004-OYT1T50060.html

他の見出し