【大阪】おいやめいを虐待 「しつけ」主張のおばに有罪

ABC NEWS
2018-10-05

同居するおいや、めいに、数々の虐待を加えた罪に問われ、裁判で「しつけの一環だった」と無罪を主張していた女に有罪判決が言い渡されました。

「(おいが)あまりに物をとったり、うそをついたりというのが激しくて、その時に一度怒って。耳をつまんで話をしていたら、耳のところにあざができたんやね」。逮捕前、朝日放送テレビの取材にこう話していた大西都志子被告(49)。2013年から15年にかけて、大阪市旭区の自宅で、同居していたおい(当時11)の耳を引っ張るなどの暴行を加えた他、めい(当時12)を真冬のトイレに長時間閉じ込めたりした罪に問われています。

全文は下記

https://news.goo.ne.jp/article/abc/nation/abc-20181001005.html

他の見出し