障害児を「不幸な子ども」 強制不妊を推し進めた兵庫県

朝日新聞デジタル【山崎毅朗】
2018-10-04

旧優生保護法により、障害や精神疾患などを理由に不妊手術(優生手術)を強制された人たちが各地で訴訟を起こしている。神戸地裁でも9月28日、聴覚障害のある夫婦2組が国に賠償を求めて提訴した。兵庫県は、全国でも特に不妊手術に積極的な県の一つだった。

全文は下記

https://www.asahi.com/articles/ASL9Z6JVVL9ZPIHB00H.html?iref=com_api_med_mednews

他の見出し