群馬大で手術死 25歳は「惜しい」、80歳は「仕方ない」?

YOMIURI ONLINE【高梨 ゆき子(たかなし・ゆきこ)】
2018-10-02

群馬大学病院で問題になった手術死の続発。亡くなった患者の一人は看護師だった小野里 美早さん。25歳だった。彼女に関する記事は何度か書いてきた。本人の日記や家族の闘病日誌のこと、唯一の遺族である兄・和孝さんへのインタビュー――。読者の反響は、惜しむ声や共感がほとんど。それに対して、80歳で亡くなった木村貞治さんの遺族である息子、豊さんにインタビューした記事では、好意的なコメントも多かったが、「仕方ない」「十分長生きしたのでは」という冷めた反応も目についた。

全文は下記

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180926-OYTET50051/?catname=column_iryobu

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180926-OYTET50051/2/?catname=column_iryob

他の見出し