認知症介護の助っ人は個性派集団! でもやっぱり若いヘルパーさんがいいのね…

YOMIURI ONLINE
2018-09-11

家族が認知症などで要介護状態になり、介護保険による介護サービスを利用する場合、どんな介護サービスをいつ利用するかを決めた「介護サービス計画(以下、ケアプラン)」が必要になります。ケアプランは、多くの場合は「介護支援専門員(以下、ケアマネジャー)」が介護を必要とする本人や家族と話し合いながら作成します。それに基づいて、訪問介護やデイサービスなどの介護サービスを受けることになります。

本人や家族と介護サービスを行う事業者の間をつなぎ、暮らしを支えるための計画を立てるケアマネジャーは、言うなれば介護サービス全体の指揮を執る総監督。父さんのケアマネジャーは現在、4人目ですが、何かあればすぐに「まずはケアマネに相談だ!」と電話をかけるような、認知症介護の日々になくてはならない、頼りになる存在です。

全文は下記

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180905-OYTET50028/?catname=column_aruaru

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180905-OYTET50028/2/?catname=column_aruar

他の見出し