理想の死に方…心臓病などで突然亡くなる「ぽっくり死」希望が78%

YOMIURI ONLINE
2018-08-07

8割の人は心臓病などで突然亡くなる「ぽっくり死」を望んでいる――。公益財団法人「日本ホスピス・緩和ケア研究振興財団」(大阪市)による終末期医療に関する意識調査で、高齢化社会のそんな死生観が改めて浮き彫りになった。

4回目となる調査は昨年12月、インターネットを通じ、全国の20〜79歳の男女1000人を対象に行われた。理想の死に方について、全体の78%がぽっくり死と回答。これまでの調査でもっとも多く、60歳代は89%に達した。「病気などで徐々に弱って死ぬ」と答えたのは22%だった。

全文は下記

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180806-OYTET50002/?catname=news-kaisetsu_

他の見出し