強制不妊問題、見解示さぬ国 原告側反発「反省ない」

朝日新聞デジタル【山本逸生、浜田知宏】
2018-07-24

旧優生保護法により不妊手術を強制されたのは違憲だなどとして、仙台地裁で争われている国家賠償訴訟で、国が同法が違憲だったかどうかについての見解を示さない方針を固めたことをうけて、原告側からは反発の声があがった。新里宏二弁護団長は、「事実だとすれば、国が後ろ向きで全く反省していないことの表れだ」と批判した。

全文は下記

https://www.asahi.com/articles/ASL7R5VLVL7RUTIL04L.html

他の見出し