松本死刑囚執行 「オウム」を再び生まぬ社会に

YOMIURI ONLINE
2018-07-08

国家転覆さえも目論んだ、日本の犯罪史上、類を見ない事件の大きな節目である。無差別テロなどの凶行を二度と許してはならない。

オウム真理教の一連の事件を教祖として主導した松本智津夫死刑囚の死刑が執行された。教団幹部だった6人の死刑囚の刑も、同じ日に執行された。

一連の事件では、13人の死刑が確定している。法務省は、その半数以上の死刑囚の執行に一挙に踏み切った。そのこと自体が、事件の重大性を物語っている。

全文は下記

https://www.yomiuri.co.jp/editorial/20180706-OYT1T50118.html

他の見出し