ロヒンギャへの性被害相次ぐ 難民の置かれた状況困難に

朝日新聞デジタル【軽部理人 古谷祐伸】
2018-07-06

ミャンマーの少数派イスラム教徒ロヒンギャの人々が迫害を受けた問題では、昨年8月以降だけで70万人が隣国バングラデシュへ逃れた。依然として厳しい難民たちの置かれた状況について、支援に取り組む国際機関の関係者に、それぞれ東京都内で聞いた。

全文は下記

https://www.asahi.com/articles/ASL6Y3FM4L6YUHBI016.html

他の見出し