「男だって、不妊がつらい」

YOMIURI ONLINE(松本亜樹子 特定非営利活動法人Fine=ファイン=代普j
2018-06-29

仕事柄、さまざまな業種の人たちとお会いすることが多いのですが、「NPO法人で不妊体験者の支援活動もしています」と自己紹介すると、必ずあとで、「実は、私も妊活中で……」とか「妹が病院を探していて……」と話しかけられます。しかも、そうやってくるのは、圧倒的に男性なのです。

最初は、言いづらそうに、ぼそっと「今、病院に行っていまして……」と切り出します。「あ、そうなのですね」とまるで天気の話のように答えると、今度はせきを切ったかのように話し続けたり、質問を重ねてきたりします。そして、最後に必ずこう付け加えるのです。「こういうことを話せるところが、なかなかなくて」――。

全文は下記

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180619-OYTET50013/?catname=column_matsumo

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180619-OYTET50013/2/?catname=column_matsu

他の見出し