「不妊治療、通院嵐阯ァてにくい」…NPOが調査結果の白書

YOMIURI ONLINE
2018-06-28

不妊に悩む人などを支援するNPO法人Fine(東京)が、治療経験者らに仕事と治療の両立の実態について聞いた調査の結果を、「不妊白書2018」にまとめた。通院予定を立てにくいことが仕事との両立を難しくしている現状が浮き彫りになった。

調査は昨年、インターネットで行い、約5500人から回答を得た。経験者の96%が「両立は難しいと感じた」と回答した。理由(複数回答)は、「急に、または頻繁に仕事を休むことが必要」(72%)、「生理周期に合わせた通院が必要で、前もって通院スケジュールを立てるのが難しい」(47%)など。

全文は下記

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180627-OYTET50007/?catname=news-kaisetsu_

他の見出し