「延命望まぬ」その一言を後悔 終末期医療、医師に聞く

朝日新聞デジタル【岩崎賢一】
2018-06-28

終末期医療の経験を書いた投稿が、朝日新聞の「声」欄に相次いでいます。「無理な延命を望みません」と医師に答えたことが誤解を生んでしまったことを悔やむ人、保険医療財政の厳しい事情を背景に「高齢者の命が軽んじられているのではないか」と感じている人もいました。届いた投稿を出発点に、在宅医療に取り組む医師や看護師、終末期の医療政策に詳しい専門家に聞いてみました。

全文は下記

https://www.asahi.com/articles/ASL6Q5W03L6QUWPJ00D.html?iref=com_api_med_mednews

他の見出し