買い物弱者824万人、農水省 全国推計、10年で2割増

共同通信
2018-06-09

農林水産省は8日、スーパーやコンビニが自宅から遠い上に車を使えず、食品購入に苦労する65歳以上の人が、2015年時点で824万6千人に上るとの全国推計を発表した。この「買い物弱者」は高齢化を映して10年前に比べ21.6%増え、三大都市圏の伸びが目立った。65歳以上の人口に占める割合は24.6%へとやや低下したが、依然として4人に1人が不便を強いられているとの結果となった。

全文は下記

https://news.goo.ne.jp/article/kyodo_nor/life/kyodo_nor-2018060801002087.html

他の見出し