強制不妊手術「立法義務なし」 被害救済で国主張へ

中日新聞
2018-06-08

旧優生保護法(1948〜96年)下で知的障害を理由に不妊手術を強制されたとして、宮城県の60代女性が国に1100万円の損害賠償を求めている訴訟で、国側が「救済制度を立法する義務があったとまでは言えない」と反論する方針であることが7日、原告側弁護団への取材で分かった。

全文は下記

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2018060701001574.html

他の見出し