「75歳」が老化の節目!? 超高齢化社会で変わる病気の常識

AERA dot.
2018-06-07

団塊の世代の約800万人が75歳以上となる「2025年問題」が目前だ。今の高齢者は10年前と比べて、身体機能も知的能力も10歳若返っている。しかし喜んでばかりもいられない。機能がガクッと落ちる年齢があったのだ。好評発売中の『差がつく70歳からの病気 サインと最新治療』より紹介する。

全文は下記

https://news.goo.ne.jp/article/dot/life/dot-2018060100009.html

他の見出し