初の体外受精児女性、40歳を前に日本で講演

YOMIURI ONLINE
2018-05-21

世界初の体外受精児として生まれた英国人女性のルイーズ・ブラウンさん(39)が20日、東京都港区の六本木ヒルズで講演した。

40歳を迎えるのを前に、日本に招かれた。

ルイーズさんは、不妊治療に取り組む医師や看護師ら約400人を前にした講演で「父も母もただ赤ちゃんが欲しかっただけ。世界を変えようなんて考えていなかった」と語った。

全文は下記

http://www.yomiuri.co.jp/science/20180520-OYT1T50113.html?from=ycont_top_txt

他の見出し