要介護にならないため、毎日30分の運動を

YOMIURI ONLINE
2018-04-10

青山学院大学駅伝チームの指導で知られるフィジカルトレーナー中野ジェームズ修一さんが5日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、要介護リスクを下げるための筋肉トレーニングについて解説した。

中野さんは、要介護にならないためには足腰の筋力と体の柔軟性が必要で、そのためには毎日30分の運動を行うべきだと話した。

全文は下記

http://www.yomiuri.co.jp/national/20180405-OYT1T50101.html

他の見出し