強制不妊「手術は簡単」と説明 障害児施設に積極瑞ソ働き掛け

中日新聞
2018-04-05

旧優生保護法(1948〜96年)下で障害者らへの強制不妊手術が繰り返された問題で、北海道が51年、道内の障害児施設に対し、積極的に手術を申請するよう働き掛けていたことが4日、道の開示資料で分かった。道は手術について「子供を生まれなくするだけ」「簡単なもの」と説明。入所している知的障害児が対象かどうか診断する医師は「嘱託医、開業医等誰でもよい」としていた。

全文は下記

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2018040401001738.html

他の見出し