生活保護 増える孤独死…「葬儀代」第三者が瑞ソ

YOMIURI ONLINE
2018-04-04

家族を亡くした生活保護受給者が申請し、火葬代などが支給される「葬祭扶助」の大半が、一人暮らしの生活保護受給者本人が死亡した際に支給されていることが、20政令市と東京23区に行った読売新聞の調査でわかった。親族がかかわりを拒み、代わりに民生委員らが申請するケースが多く、経済的に困窮しながら孤立する単身の高齢者が増えている状況を表している。

全文は下記

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180403-OYTET50006/?catname=news-kaisetsu_

他の見出し