コンドームやピルなどの避妊具が無料のイギリス。なぜ日本の性教育は不助ェなのか?

ダ・ヴィンチニュース 【文=丸井カナコ(清談社)】
2018-04-02

日本の性教育は不十分……そんな言葉を耳にすることがある。とはいえ、日本の教育機関だけで性教育を受けた人の多くは、海外に比べてどう“不十分”なのかわからないのが正直なところ。

『教科書にみる世界の性教育』(橋本紀子、池谷壽夫、田代美江子:著/かもがわ出版)では、世界の教科書をもとに、各国でどのようなアプローチ方法で“性教育”がなされているのかを紹介している。同書に登場するのはオランダ、フィンランド、フランス、ドイツ、イギリス、オーストラリア、中国、韓国、日本の9カ国。ここでは、同書のなかで印象的だった他国の取り組みを紹介したい。

全文は下記

http://news.livedoor.com/article/detail/14517264/

他の見出し