妊娠・出産の高校生、学校の勧めで「自主退学」32件

朝日新聞デジタル【根岸拓朗】
2018-03-31

全国の公立高校で、妊娠・出産を理由に学校側から退学を勧められ、その結果生徒が学校を退学したケースが2015〜16年度に32件あったことが、文部科学省による調査で分かった。生徒が通学や休学を希望したにもかかわらず、学校側が退学を勧めた例もあり、本人の意思に反して退学に追い込まれていた可能性もある。

全文は下記

https://www.asahi.com/articles/ASL3Z3GTVL3ZUTIL00Y.html

他の見出し