死産や中絶の胎児か、民家の床下から7遺体発見

YOMIURI ONLINE
2018-03-13

東京都文京区の民家の床下から複数の胎児とみられる遺体が見つかった事件で、警視庁が12日に行った現場検証の結果、発見された遺体は計7体に上ることがわかった。

いずれもガラス瓶にホルマリン漬けにされ、目立った外傷はなかった。死後長期間が経過しており、同庁は死産や中絶の胎児とみて、死因を調べている。

全文は下記

http://www.yomiuri.co.jp/national/20180312-OYT1T50073.html

他の見出し