「体が動くうちはずっと現役で働く」は人生で正解なのか?

マネーポストWEB
2018-03-12

働く高齢者の「年金減額」制度は65歳を過ぎると大きく変わる。64歳までは年金と月給の合計額が28万円を超えると年金をカットされたが、年金が満額支給される65歳からは月収合計が46万円まで減額されないからだ。

標準的な年金額は月額約16万円。月給が30万円を超えなければ年金も満額もらえる。社会保険労務士の伊藤論氏が語る。

全文は下記

https://news.goo.ne.jp/article/moneypost/bizskills/moneypost-255749.html

他の見出し