「寝たきりはイヤ」ドクターG・林寛之医師が実父のためにしたこととは

AERA dot.
2018-03-11

命を救うのが医師の仕事である一方で、「命の終わり」を提示するのも医師の務め――。救急や外科手術、がんやホスピスなど死に直面することが避けられない現場で日々診療を行っている医師20人に、医療ジャーナリストの梶葉子がインタビューした『医者の死生観 名医が語る「いのち」の終わり』(朝日新聞出版)。その中から、NHK人気医療番組「総合診療医 ドクターG」でも知られる、福井大学医学部附属病院救急科・総合診療部教授の林寛之医師を紹介する。

全文は下記

https://news.goo.ne.jp/article/dot/life/dot-2018030100105.html

他の見出し