児童虐待、初の6万人超…「心理的被害」71%

YOMIURI ONLINE
2018-03-10

警察庁は8日、虐待を受けた疑いがあるとして、全国の警察が昨年1年間に児童相談所に通告した18歳未満の子どもが過去最多の6万5431人(前年比20・7%増)に上ったと発表した。

13年連続の増加で、初めて6万人を超えた。子どもの前で配偶者らに暴力をふるう「面前DV(ドメスティック・バイオレンス)」など心理的虐待が急増した。

全文は下記

http://www.yomiuri.co.jp/national/20180308-OYT1T50063.html

他の見出し