職員の高齢者虐待10%増=総件数も過去最多−厚労省調査

時事通信
2018-03-10

2016年度に65歳以上の高齢者が家庭や特別養護老人ホームなど介護施設で虐待を受けたと認められた件数が前年度比2.8%増の1万6836件だったことが9日、厚生労働省の調査で分かった。このうち施設職員から受けた虐待の件数は10.8%増の452件だった。いずれも過去最多を更新しており、厚労省は高齢人口の増加に加え、高齢者虐待に対する社会的な関心の高まりで相談・通報件数が増えたことが要因とみている。

全文は下記

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018030901328&g=soc

他の見出し