安楽死「迷惑は恥辱」の国で 橋田寿賀子さん発言の重み

朝日新聞デジタル
2018-03-10

「安楽死、まだあきらめていない」と話す脚本家の橋田寿賀子さん(92)と、オランダの安楽死事情を取材した太田啓之記者(53)が、日本的な安楽死のあり方について考える連続インタビュー。最終回は、オランダ人にはなかなか理解してもらえなかった「迷惑をかけたくないから安楽死したい」という橋田さんの思いについて、対談を終えた太田記者が考えます。

全文は下記

https://www.asahi.com/articles/ASL2S4RLJL2SUEHF005.html

他の見出し