「口から食べられない=寿命」変わる死生観で「自然死」急増の嵐

AERA dot.
2018-03-06

死を直前にした終末期に、延命措置などの医療や介護を「過剰だ」として望まないお年寄りが増えている。「亡くなり方の質」を追求し、穏やかな最期をめざす。その姿に死生観の変化を読み取り、日本の死の「スタンダード」が一変すると予想する声も出始めた。「自然死」が急増する、というのだ。

全文は下記

https://news.goo.ne.jp/article/dot/life/dot-2018030100063.html

他の見出し